【入荷特報】ジャズギタリストにオススメのGibson L-7 1947年製 が堂々入荷! 

Gibson L-7

1947年製のアーチトップギター。Gibson L-7を買取させていたしました。

ギブソンのアーチトップギター

1930年代から40年代は、ギブソンのアーチトップ・ラインにとって真の黄金時代。
人気の高い名器を数々生み出しています。

このL-7もそのうちのひとつ。

Gibson L-7は、1932年に発売開始。
当時は、”ミドルクラスでありながらプロ品質のもの”という立ち位置でした。
その後、モデルチェンジをしながら1972年まで製造され、40年もの間、人気を保ち続けたモデルです。

今回買取させていただいたノンカッタウェイのモデルは、1955年を境に製造しなくなっており、そういった点でも貴重な一本です。

当時のアメリカとギター

時代と音楽、楽器は切り離せない関係です。

Gibson L-7が発売されたのは1932年。
30年代のアメリカ音楽の主流は、ビッグバンド・ジャズでした。
当時のアメリカでは、ポップ・ミュージック=ビッグ・バンドといわれていたほどです。「最も良き時代」といわれることも。

当時のギタリストは、ビッグバンドのような編成の中でも、音が埋もれることなくリズムを刻み、スイングしなくてはいけません。
ピックアップを搭載しているエレキギターもない時代、L-7のフルサイズの17インチ・アーチトップという設計はこういった背景もあったのでしょう。

その後1941年にアメリカが第二次世界大戦に参戦。
同時にギブソンは、ミシガン州カラマズーでのギターの生産を停止。
そして1946年にギブソンは生産を再開。
こちらのL-7は、1947年製ですので、生産を再開させてすぐ作られたものでしょう。

ギブソンのジャズギターといえば、L-5が浮かぶ方も多いかもしれませんが、このL-7も多くのミュージシャンが愛用していました。

20世紀の最も偉大なジャズ・ギタリストと名高いバーニー・ケッセル氏
ジャック・ウィルキンスは氏、彼の代表的なアルバム「Windows」でL-7を使用しています。
あのウェス・モンゴメリー氏も、1959年のトリオの録音で、L-7(ケニー・バレルのもの?)を弾いていた、という話もあったそうな。

世界対戦を潜り抜け、時代が変わってもなお、人気を保ち続けたL-7。
コードバッキングでは、10人以上の編成のバンドでもアンプなしで切り抜けることができ、リードも全音域にわたって鮮明で、まとまった音色です。
ネックは丸みを帯びたファットな形状で、手にしっくりと馴染み、どのポジションでも安定した演奏が可能。

貴重なうえ、実践に使えるジャズギターです。
もちろん在庫はこの一点のみ。

ぜひ気になった方はお問い合わせください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Gibson L-7 [RH957]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*