ウクレレ選びの大切なポイント!木材とサウンドの関係性 

ギターや他の楽器と同じように、ウクレレもどの材で造られたかによってサウンドが変わる楽器です。 これまで当店が、お客様からお売りいただけたウクレレも、それぞれサウンドに個性がありました。 実際にウクレレを触ってみると、「同じウクレレでもこれほど違うものか」と感じられることでしょう。 特に、トップ面に使われる材はサウンドに大きく影響します。 それぞれの材にもランクがあったり、単板、合板などの構造でもサ… 続きを読む

【入荷特報】国内ではなかなか見られないレアモデル ADAMOVIC Saturn 4stが衝撃の入荷! 

ADAMOVIC Saturn 4st 入手困難な海外ブランドの楽器も、日本全国から買い取りをおこなっているQsicでなら見つけられるかもしれません。 海外から、一定の基準を満たしたレベルの楽器を輸入するとなると、どうしても高額になってしまいます。 そんなときこそ、中古楽器を専門で扱っているQsicでお探しになってはいかがでしょうか? Qsicは、日本全国から絶え間なく、様々な楽器が集まる中古楽器… 続きを読む

【入荷特報】最新のグルーブボックス、Roland MC-707がついに入荷! 

Roland MC-707 Qsicなら、新しい製品でも、お安く手に入れるチャンスがあります! 今回紹介するのは、2019年9月にRolandから発表されたMC-707 最新の機器を、非常に綺麗な状態で買い取りさせていただきました。 誠にありがとうございます。 もちろん一点ものでございます! コンパクトながら必要な機能を網羅 エレクトのミュージックに必要な機能をすべて装備した8トラック・シーケンサ… 続きを読む

ウクレレの基礎知識 各部位、部品の名称 

ウクレレを始める際に必要な基礎知識として、楽器の各部位、部品の名称を覚えておきましょう。 また、それぞれの部位の役割も続けてみていきましょう。 ボディ 演奏時に抱える部分。ボディの大きさや形によって、サウンドが変わります。 サドル 後述するブリッジの、溝にはめるようにして付ける部品。 弦の支点になる場所です。 ブリッジ サドルとボディの橋渡しのような部品。 弦を固定する役割があります。 弦の振動を… 続きを読む

スタジオでも困らない!JUNOシリーズのサウンドメイク! 

リハーサルスタジオによくあるキーボード、Roland JUNOシリーズ。 ツマミやボタンが多くて、操作に困ったことはありませんか? 特にこの部分。 ちょっとした操作でサウンドにアレンジを加えることできるので、それぞれの効果を覚えて、色々試してみましょう! Attack(アタック) 音の立ち上がりの早さ、鍵盤が押されてから、どのくらいの速さで「最大値」に到達するかを調節します。 パラメータ:0→63… 続きを読む

【入荷特報】世界屈指のハイエンドベース!Ken Smith CR5VE-EM が衝撃の入荷! 

Ken Smith CR5VE-EM Ken Smithのなかでも、あまり市場に出回っていない、CR5VE-EMを買い取りさせていただきました。 世界的大御所ベーシストである、チャック・レイニー氏のモデル プレイコンディションは良好。 弾き傷などが多少ございますが、それは、しっかりと弾かれていた証拠といってもいいでしょう。 もちろん一点ものでございます! 多弦ベース製作の先駆者でもある、Ken S… 続きを読む

意外と知られていない、ウクレレの豆知識 

ウクレレと言えば、ハワイ。 ウクレレは、ハワイアンで主に使われてきた楽器ですが、今ではハワイアンに限らず、様々なジャンルの音楽で使われています。 ここ数年での流行もあり、多くの教則本が出回っているのもみられます。 当店でも、「ウクレレは販売していますか?」「ウクレレの買い取りはおこなっていますか?」 というお問い合わせがございます。 もちろん、ウクレレの販売、買い取りともにおこなっておりますので、… 続きを読む

【入荷特報】最新モデル!YAMAHA MONTAGE7が衝撃の入荷! 

YAMAHA MONTAGE7 最新機種は高価すぎると、あきらめていた方に朗報です! YAMAHAが誇る、シンセサイザーの最上位機種、MONTAGEが堂々の入荷! 状態も良く、傷も少ない美品です! 丁寧に使われたことがうかがえる品。 もちろん一点ものでございます! YAMAHA社が初めてシンセサイザーを世に出したのは、1974年。 その時から現在まで、世界中のミュージシャンに愛され、業界トップの位… 続きを読む

【入荷特報】強烈な個性で誰もが振り向く!Elrick Platinum Series E-Volution 8 Single-Cutが衝撃の入荷! 

Elrick Platinum Series E-Volution 8 Single-Cut Elrickは、1992年に発足、1993年のNAMMショーで本格デビューを果たしたブランド。 アメリカ・シカゴの工房にて、材の選定、カットから組み込みまでの全てをハンドメイドでおこなっています。 まさかの8弦、誰ともカブらない楽器! この商品の魅力は、何といっても弦の数。 その数なんと、8本。 しかも、… 続きを読む

実例!効果的なピッチベンドの使い方 

「以前は、クラシックピアノをしていたんです」 というキーボーディストの方は多いでしょう。 また、バンドを組む時に、 「ピアノやってたんだよね?じゃあ、あなたはキーボードで!」 ということでキーボーディストに任命された方も多いと思います。 そして、キーボードを手に入れ、様々なサウンドで演奏をし始め… 「これ、どうしよう…」 ※写真は、当店で買い取りをさせていただいた、Roland JUNO-DS &… 続きを読む