初めての楽器は安いほうが良い?高いほうが良い? 

「これからギター初めるんですけど、やっぱり初めは安いギターのほうが良いのでしょうか?それとも高いものが良いでしょうか?」 という相談を時々伺います。 どちらから初めるのがいいのかは人それぞれですが、そういったお客様の話をよくよく聞いてみると 「初めは安いほうがいいのでは」 という方の理由は、 「初めてで全然弾けないのに、良いギターを持っていると気後れする」 というものが多いです。 そういった理由で… 続きを読む

ワイヤレスシステムを使う時、一つだけ注意したいこと 

昔は高価なモデルが多かったワイヤレスシステムも、今では1万円台から購入することが出来、プロアマ問わず多くの演奏者に使用されています。 「音が劣化するんじゃない?ダイナミクスはどうなの?遅延するんじゃ‥」 という心配も、技術の進歩でほぼ解消済み。 ステージで動き回ることがない演奏者の方でも、一度ワイヤレスの開放感を味わえばクセになります。 そんなワイヤレスシステムにも一つだけ注意点があります。 それ… 続きを読む

PJスタイルのススメ! 

バンドをやっていると、ジャズベースの音がほしい場面と、プレシジョンベースの音がほしい場面があると思います。 お客様にも「どちらがいいですか?」とご質問を受けることがあります。 どちらとも、音のキャラクターが全く違うので、理想としては 「2本持つ」 ということになりますが、お客様の使用環境などにより 「2本はちょっと…」 という方も少なくありません。 そういう方が目をつけるのがPJスタイルのベース。… 続きを読む

超便利!!スマホアプリで演奏も作曲もラクラク♪ 

スマホアプリの楽器ソフトは品質が高く、演奏したり、作曲するのにも非常に便利です。 写真のようにMIDIキーボードとスマホを接続すれば、本物のキーボードさながらの演奏が楽しめます。(Apple純正カメラアダプタを間に接続しています) リハーサルやライブでも使えるほどのクオリティなので、もう重たいキーボードを運ばなくてもいいんです! そんなアプリの中でも、特に使いやすいものを紹介します!(私のスマホの… 続きを読む

知って得するマイクの指向特性 

無指向性 すべての方向から同じ感度で収音出来ますので、ハウリングが起きやすく、扱い方が非常に難しいと言われています。こちらは音楽用というよりは、広い舞台での演劇などで、台詞を客席に届けるために使われることが多いです。 単一指向性 こちらは一方向からの収音が得意で、ステージでのボーカルマイクによく使われている種類です。ハウリングにも強いのでボーカルで使ったとき、バンドの音を拾わずに綺麗に声を客席に届… 続きを読む

細いほうがいい?太いほうがいい?ベース弦のゲージ選び 

弦を張り替えよう!となって、いざ弦を探してみると、たくさん種類があって悩むことがありますよね。 弦の太さ(ゲージ)は、音色や弾き心地にダイレクトに関わってきます。 自分の目指す音やスタイルに合わせて選べるように、弦の太さ(ゲージ)について見ていきましょう。 ゲージの種類 弦のゲージも様々な種類がありますが、スタンダードなところは、 G弦40、D弦60、A弦80、E弦100 G弦45、D弦65、A弦… 続きを読む

あなたのギターは大丈夫?すぐにできる楽器の健康診断。ギター編 

急に肌寒くなってきて、冬がそこまで来てるように感じます。 季節が変わると、楽器の状態も変わってしまいます。 特にギターやベースのネックは、気温や湿度の変化に敏感です。 また、ネックの状態は、音色や演奏性に直結しており、パフォーマンスを大きく左右します。 今回は、誰でもすぐに診断出来る部分を、項目ごとに紹介していきます。 異変を感じたときは、お気軽に当店までご相談下さい!! ●電装系のノイズチェック… 続きを読む

ベース選びの基準!スケール別メリット・デメリット 

これからベースを始める。 そろそろ2本めが欲しいなど、新しくベースを購入する時に気になるのが演奏のしやすさや、ネックを握ったときの感触。 特にネックの長さは演奏のしやすさを大きく左右する要素ですので、今回はその点に付いてお話します。 ぜひ参考にして下さい。 ・スーパーロングスケール (約35インチ) 通常のジャズベースなどよりも長いサイズです。 多弦ベースでよく見られるサイズで、とりわけ手が小さく… 続きを読む

お金をかけず、今よりいい音で音楽を聴く方法 

良い音で音楽を聴くととても感動します。 スピーカーを良いものに変えたとき、今まで聴こえていなかったものが聴こえて、驚いた経験があります。 そのスピーカーのスペックをもっと活かし、今よりもいい音で聴く方法があります。 しかもお金がかかりません!(笑) 方法1:スピーカーの置く位置を変える これをするだけで驚くほど聴こえ方が変わります。 では、どのような位置に置くのが良いかを見ていきましょう。 まずは… 続きを読む

ベースでも出来る!指弾きでもできる!ピッキングハーモニクス! 

ギタリストの技でピッキングハーモニクスというものがあります。 甲高いピーッ!というアレです。 カッコいいですよね!ギターっ!!て感じしますし。 実はあの技、ベースでも出来るという事をご存じでしたでしょうか? しかも割と簡単! 手順1 しっかりと押弦しつつ、人さし指または中指でピッキング。 手順2 この時にピッキングする側の手の親指をハーモニクスが鳴りやすいポイントに置きつつ、ピッキングした瞬間に親… 続きを読む