【『トランスペアレント系の先駆者』Timmy Overdriveの魅力】 

Timmy

TS系、Marshall系、ダンブル系など、今では様々な○○系サウンドが生まれてきましたが、ここ数年で台頭してきた○○系というと「トランスペアレント系」が有名な1つかと思います。 トランスペアレントとは「透明な」「透き通った」という意味があり、原音を重視(ギターやアンプの特性を大きく変えない)、ピッキングニュアンスに忠実、歪ませても音の輪郭が分かるクリアな歪みなどを指します。ギターが楽曲を支える要… 続きを読む

【『おしゃれなだけじゃない!』屈指の人気を誇る国産エフェクターブランドに迫る】 

ANIMAL PEDALS

ここ数年で一気に小型化はもちろん、リーズナブルで性能の良い製品も増えてきたエフェクター界。 私自身も入荷したエフェクターを検品・査定をしながら、「・・・新品でこの価格・・・だと・・・」と驚くことが多くなりました。 ある程度手軽にエフェクターが揃えられるようになったことで、色々なモデルを試される方も多いと思いますが、 機能やサウンドはもちろん、ボードに並べた時のルックス・デザイン性に注目する方も多い… 続きを読む

【『パッと見だと見落としそう・・・』細かい仕様の違いに要注意】 

Maxon CS-550

日頃より中古楽器を取り扱わせていただいていることもあり、モデルや製造時期の特定に関わることも多いですが、調べてみると実は「特定の時期だけ生産されていた限定品」「初期のみこの仕様で生産されていた」ということがございます。 こんな細かいところが・・・と驚かされることも少なくなく、相場にも大きく影響することが多いので、査定時にはよく注意しております。今回はそんなお品の1つを紹介します。 日本が誇るレジェ… 続きを読む

【『まさにVOODOO』個性的ながら懐も広いベース用歪み】 

Voodoo Bass 写真

ギタリストだけでなく、ベーシストも歪みの沼にはハマるもの。 「ボトムは削らずに倍音を上乗せしたい」 「低音は捨ててゴリゴリにエッジを効かせたい」 バンドを支えるだけでなく、ベーシストに様々なプレイが許容されている現代において、「どこまで我を出すか」はけっこう難しい問題のように勝手に感じています。 買取させていただくお品を検品する際に何か良いペダルはないか(密かに)探る今日この頃ですが、数多ある歪み… 続きを読む

【『ポチポチ押すのはほどほどに』バンドで合わせた時の違和感は意外と設定の問題?】 

チューナーの設定にはご注意

楽器を演奏する上で欠かせないチューニング。今は便利な時代でアプリなどでも手軽にチューニングは可能ですが、ライブやレコーディングといった際はクリップ型やペダル型のチューナーを使われている方も多いと思います。 チューニングするだけと思いきや、意外と本体に色々なボタンが搭載されていて、初めて導入する時は「これ何の機能やろ?」とポチポチ押してみたことはないですか?ただご注意ください。あまり好き勝手に押して… 続きを読む

【『グレーゾーンがある?』BOSSコンパクトエフェクター/筐体デザインの謎】 

BOSSのコンパクトエフェクターは1977年にOD-1を発売して以来、その形を変えることなく現在まで脈々と受け継がれています。 扱いやすいコントロール、頑丈かつ踏みやすいペダルで、初心者から上級者まで、日本のみならず海外でも愛されています。「他のブランドでも採用したら良いのに」と思うくらいの操作性ですがそこは抜け目のないBOSS。既に立体商標を登録しており、他では勝手に使えないようになっているんで… 続きを読む

【こんな細かいところが!?世界的人気ペダルの激レア仕様】 

1978年に発売して以来、世界中で定番の歪みペダルとして愛されているBOSS DS-1。台湾製の現行モデルも人気ですが、日本で製造されていた時期の個体も人気が高く、中古市場でも高値で取引されています。製造年、搭載されているオペアンプ、黒ネジ・銀ネジなどなど、様々な要素が査定に関わってくるDS-1ですが、非常に細かなところにもポイントがあるのをご存知でしょうか。当店で在庫している個体を元に紹介します… 続きを読む

【繋ぎ方や配置でサウンドメイクがガラッと変わる?】アウトボードプリアンプの使い方をご紹介 

アウトボードプリアンプのすゝめ

今回はペダル型のアウトボードプリアンプ(以下プリアンプ)について。 ベーシストであればほとんどの方が導入しているかと思いますが、一重にプリアンプといっても、原音を補正するタイプからキャラクターをガラッと変えるタイプ、歪み用としても使えるタイプなど、実に様々。実際に使ってみると非常に奥が深いエフェクターでもあります。 エフェクターは繋ぎ順で音が変わるという話はよく聞くと思いますが、プリアンプも同様で… 続きを読む

【バンド音楽史を支えてきた”幻のアンプ”のサウンドを探る】 

2022年1月、Alexander “Howard” Dumble(アレクサンダー・ハワード・ダンブル)氏がご逝去されたというニュースが流れてきました。 歪みエフェクターがお好きな方であれば”ダンブル系サウンド”という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。ダンブル氏が製作したアンプは様々なエフェクターメーカーがこぞってクローンを作るほどのクオリ… 続きを読む

【知ってるようで知らない?アナログディレイの醍醐味”発振”とは!】 

今回はディレイに関するお話。現在はBOSS DDシリーズを代表とするデジタルディレイが主流とはなりますが、もう1つ大事なのがアナログディレイの存在です。 ディレイエフェクトの始まりは1950年代と言われており、テープを使ったテープエコーなどが開発され、1960年代になってBBD素子を使ったアナログディレイが誕生します。近年のデジタルディレイと比べるとディレイタイムは基本的に短く、残響音が劣化してい… 続きを読む