失敗しない、フレット選び フレットの材質によるサウンドの違い 

フレットの材質にも種類があるのをご存知でしたか? フレットは、弦が直接触れるということも合って、サウンドに大きく関係してきます。 ギターやベースのサウンドは、フレットを含む木材やピックアップなどのトータルバランスを考慮して作られていますので、むやみにフレットの打ち替えをしてしまうと、気に入っていたサウンドが変わってしまうということも。 ぜひ楽器選びや、フレット交換時の参考にしてみてください。 1.… 続きを読む

裏通しブリッジの良さって何?? 

裏通し1 裏通しブリッジとは? 通常のブリッジはボディエンド側で弦を固定しますが、裏通しブリッジはボディの裏側に通す仕様となっております。5弦ベースやムスタングベース、ビンテージのスティングレイなどで採用されておりますが、なぜ多くのモデルでこのような仕様を採用しているのでしょうか。 裏通しによる効果 ボディバックから弦を通すことで、弦のテンション(弦の張力)を稼ぐことができます。スケールが長いほどテンション… 続きを読む

フェンダー社の最新プレシジョンベース! 

プレベ2 フェンダーの新たなるスタンダードであるアメリカン・プロフェッショナル2のご紹介です! アメリカン・プロフェッショナル2は、2017年よりスタートしたアメリカン・プロフェッショナルシリーズの後継機種として2020年に発売され、ネック塗装やピックアップに改良を施した最新のモデルでございます。 そんなアメリカン・プロフェッショナル2シリーズのプレシジョンベースを先日買取をさせていただきました! ネック・… 続きを読む

不動の人気!国産YAMAHA BBシリーズ! 

BB3000 国産ベースといえば多くのメーカーが様々なシリーズやモデルを発売しておりますが、その中でもやはり長年根強い人気を誇るシリーズと言えば「YAMAHA BB シリーズ」です! YAMAHAエレキベースの代名詞とも言えるBBシリーズは、1977年の発売以来多くのプレイヤーが愛用している現在でも根強い人気のシリーズでございます。(ちなみにBBシリーズの「BB」とは「Broad Bass(ブロードベース)」の… 続きを読む

【Warwick最上位シリーズをご存知ですか?】 

ワーウィックCS ベーシストであれば一度は耳にしたことがあるであろう、Warwickというブランドを皆さんご存知でしょうか? Warwickは1982年にドイツにて設立され、その独創的なボディシェイプで現在でも根強い人気を誇る屈指のベースブランドでございます。 人間工学に裏打ちされたボディシェイプはルックスだけではなく演奏性にも優れており、多くのプレイヤーに愛されるモデルを多数排出してきました。 代表的なところでは… 続きを読む

ベース弦の種類とサウンドの変化 

ベース弦にも様々な種類があります。 その中でも素材と形状はサウンドに大きな影響があります。 それぞれの特徴を知って、演奏に生かしていきましょう。 弦の素材 ニッケルとステンレスがあります。 ニッケルとステンレスで比べると、ステンレスの方が高域成分が多く、トレブリーなサウンドです。 スラップ時のパキッとしたサウンドや、ピック弾きでギャリっとしたアタック音がほしいかたにオススメ。 ニッケル弦は、ステン… 続きを読む

【初めてのベースにもおすすめの国産ベース!】 

FGN2 めっきり寒くなってまいりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。長期間自粛ムードが続く中ですが、心を折らさずに乗り切っていきましょう! さて、先日「初めてのベースはどのこメーカーがおすすめですか?」とご相談いただきましたので、本日はそのお話をさせていただきたいと思います^^ 初めてベースを持つ方に「おすすめのメーカーは?」と聞かれると、私個人の意見とはなりますがやはり「フジゲン」を推させていただき… 続きを読む

ハイエンドベースの最高峰、KenSmithベースとは!? 

ケンスミス KenSmithとは オールハンドメイドで製作されるハイエンドベース界の代表とも名高いブランドです。ハイエンドベース好きの方は必ず一度は耳にしたことがあることでしょう!ケン・スミス氏が製作するベースは作りの良さはもちろんですが、厳選された材や、材の鳴りを引き立たせるフィニッシュなど、非常に高い完成度を持っています。 サウンドの特徴 ケン・スミスといえば、そのサウンドを「ケロケロした音」という風に言… 続きを読む

可愛いだけじゃない!一味違ったムスタングベース 

MUS ムスタングベースといえばショートスケールと可愛いボディシェイプが特徴ですよね。Fender社は1966年にムスタングベースを発売したわけですが、従来のジャズベースやプレシジョンベースのスケール(34インチ)ではなく、ムスタングベースはショートスケール(30インチ)を採用しています。 ショートスケールはテンションが弱い分チューニングが不安定になりがちですが、フレット間の距離が短くなるため運指がしやす… 続きを読む

ド派手なベースは好きですか? 

TMB2   一度見たら忘れられないルックスのT.M.スティーヴンスモデルが入荷しました。 T.M.スティーヴンスをご存知の方も多いのではないかと思いますが、豪快なスラッププレイとド派手なルックスが特徴で、「メタル・ファンク・ベーシスト」との異名を持つベーシストです。また、マイルス・デイヴィス、スティーヴ・ヴァイ、ジェイムス・ブラウンなど名だたるアーティストと共演したことで一躍脚光を浴びました! そんなT.… 続きを読む