Laputa Junji モデル 

この仕事をしていると、仕事の時間と趣味の時間との境目がないタイミングが存在します。 なかでも、アーティストモデルの入荷というのは心躍る瞬間でもあります。 自発的にやり始めて熱中した楽器がエレキギターだったうえにテクニカル志向が強すぎたので、そっちよりのギターはすすんで調整していました。 スティーブ・ヴァイ モデルやイングウェイ モデル、ジョン・ペトルーシ大先生のマジェスティ等、数年務めるうちにこの… 続きを読む

【アンプを使わずに練習するデメリットとは!?】 

ベース&アンプ2

皆さんご自宅でベースを練習する際、アンプを通して練習していますか? 事情があってアンプが使えない環境の方もいらっしゃるかと思いますが、アンプを通さずに生音で練習することには色んなデメリットがございます。今日はそんな代表的なデメリットを紹介したいと思います! 1.ピッキングが荒れる ピック弾き、指弾きに関わらず、生音では音が小さく聞き取りにくいため、大きな音を出そうとピッキングが強くなりがちです。 … 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その5  

ご覧いただきありがとうございます。中古楽器専門店QSIC ドラム、ベース担当の前田でございます。 最大10連休という巨大ゴールデンウィークが去り数日立ちましたが皆さんのお仕事は通常運転に戻りましたでしょうか?我々のような販売業なんかはこういったときが書き入れ時でしたのでようやく一息、といったところでございます。 さて、今回もベース弦のレビューを3つ用意しておりますので御覧ください、どうぞー! R … 続きを読む

PJスタイルのススメ! 

バンドをやっていると、ジャズベースの音がほしい場面と、プレシジョンベースの音がほしい場面があると思います。 お客様にも「どちらがいいですか?」とご質問を受けることがあります。 どちらとも、音のキャラクターが全く違うので、理想としては 「2本持つ」 ということになりますが、お客様の使用環境などにより 「2本はちょっと…」 という方も少なくありません。 そういう方が目をつけるのがPJスタイルのベース。… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その4  

春は新しいことをはじめる季節。ということでベース弦を普段とは違うものに変えてみよう!平成最後のベース弦レビュースタートです。 DR HI-BEAM   U2のアダム・クレイトンやBlack Sabbathのギーザー・バトラー、ヴィクター・ウッテンにかつてはマーカス・ミラーの使用でも有名なDR STRINGS。ハンドワウンドにこだわる確かなクォリティでギター、ベースともに国内外に愛用者が多… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その3  

ベース弦レビュー第3回みんな大好きステンレス特集。 ニッケルよりも固くバキっとしたサウンドで人気のステンレス弦。今回はその中から3種ご紹介します! DADDARIO EPS165 ProSteels Bass 大定番”ダダリオ”さんのステンレス弦。ラインナップ中で最もブライトで磁力特性に優れたシリーズです。 サウンド:非常にブライト、ギンギンとしたハイが特徴的ですがローからハイまでバランスのとれて… 続きを読む

warwickベースは中古で買ったほうがいい理由とは 

皆さまドイツと言えばどのようなイメージを持たれるでしょうか。 ビール、ソーセージ、ケルン大聖堂、ブロッケンJr.などが思い浮かぶと思うのですが、私はサッカーが好きなのでやはりドイツと言えば世界最高峰のサッカーリーグ、ブンデスリーガが真っ先に出てまいります。 日本人選手もたくさん活躍しているリーグなので、一度は現地でサッカー観戦なんかもしてみたいものですね。 さて、そんなドイツを代表する楽器メーカー… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その2 

早いものでもう2月が終わろうとしています。恐ろしい!と震えている前田です。 前回同様、個人的なベース弦レビューの第二弾。今回は James Jamerson、Steve Harris、Pino Palladino、John Richard Deacon等が張っている表面が平らな弦。フラットワウンド3種のラインナップです。 DADDARIO ECB81 Chromes Bass 弦メーカーの大定番”… 続きを読む

場所によって違う?! ~楽器は元は植物です!~ 

1-_MG_0830

先日、テレビを見ておりましたら、色んな職業の方がいらっしゃる様で 「熱帯にある新種の植物を探しに行く方」 に同行取材するものがありました。 内容の詳細は割愛いたしますが、非常に興味深く思ったことがございました。 それは 「全く同じ品種でも生育環境が違うだけで、模様・色・形が変わる」 という点でございました。 素人の目からすると、「違う種類なんやろな」と思って見ていたものが、全く同じもので、「違う場… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その1 

皆さん、あけましておめでとうございます。Qsicドラム担当の前田です。 お正月気分も抜けてきてそろそろ通常運転で頑張ってまいります! さて今回の記事ですがドラム担当にかかわらずベース弦についてです。 というのもベース弦を試すのが好きでして、わたくし。 何回かに分けてレビューを書いていきたいと思います! DADDARIO EXL165 Nickel Wound Bass ギター、ベース問わずの定番弦… 続きを読む