ドライバー1本でサウンドが変わる!? 

買取させていただいたギターをクリーニングして再調整する際に気をつける点は様々あるのですが、今回はピックアップの高さについて記事でお伝えしようと思っております。 ピックアップの高さはサウンドやリアクションに大きな影響を与えています。 「ミドルの美味しい部分が無くなった。」とご相談を受けてセットアップを行った際は、最終的にはピックアップの高さが大きく影響していました。 お持ちのギターのサウンドに少し不… 続きを読む

お金をそんなにかけなくても音が良くなる秘訣 

アンプ、エフェクター、ギター本体の材質、ピックアップ、エレキギター奏者は選択肢が多い分、なにかと選択を迫られることが多いですね。 同じ音楽ジャンルだったとしてもギタリストの数だけ音色が存在するのが面白いところです。 今回はそこまでお金をかけずにギターの音色を変える方法です。 単刀直入に聞きます。ピックなに使ってますか? 初心者のときになにのピックを使うか、悩んだことを覚えていらっしゃいますか? あ… 続きを読む

SEYMOUR DUNCAN SH-4とTB-4はどちらもJB、なんで? 

エレキギターの買取をさせていただく中で、ままあるのがピックアップ交換されているケースです。 弦の通り道からポールピースが外れているものを見かけます。 「ピックアップの幅って共通の規格じゃないの!?」 そう、実は違うんです。 ポールピースが合っていないのは何が原因だったのか 早速、核心に触れたいと思います。 ピックアップの種類でこういった名前を見かけたことはないでしょうか SEYMOUR DUNCA… 続きを読む

簡単にストリングベンダーが搭載可能!?Helle-Bender 

お金のかかる趣味は世の中にたくさんありますが、一昔前は車、バイク、ギターがその代表格としてあげられていたような気がします。 「全部やってたよ!」という方もおられるのではないでしょうか。 自分好みにカスタムする楽しさが共通点としてはありますね。 私は買ったギターは純正パーツ派なのですが、1本コンデンサーを変更したギターがあるのでこれからMODの道に染まる可能性もゼロではありません。 否定的でも肯定的… 続きを読む

シンクロナイズド・トレモロ・ブリッジ搭載のレスポール!? 

FenderとGibson、言わずと知れた代表的ブランド サウンドの傾向や仕様の違いから、ライバル的に語られることが多い両ブランド Fenderは伝統の仕様から少し外したユニークなモデルを出すとユーザーからは好意的に受け入れられることが多く、Gibsonはユニークなモデルで賛否を巻き起こしている気がするのは私だけでしょうか。 今回はGibsonではないのですが、関連のあるEpiphone製レスポー… 続きを読む

3つの調整で、ギター/べースのサウンドをより良いものに 

楽器を弾いていて 「ん?いつもと違うかも」 「はじめの頃よりも響きがいまいちだな」 と感じたことはありませんか? 購入してすぐは、楽器店で調整されたものを弾いているので、その楽器にとってベストな状態で弾くことができます。 しかし、時間が経つにつれて、楽器の状態は少しずつ変化してきます。 全く調整なしに使い続けると、弾きにくくなったり、サウンドがだんだんと悪くなっていくことも。 長く楽器を使っていた… 続きを読む

ミニハム+シングル+ハム!!? Gibson Nighthawk 

今年も9ヶ月ほど過ぎ、気づけば涼しくなって、とうとう秋が実感できるようになりました。 食欲の秋。 食べ物の期間限定メニューに弱いのは私だけでしょうか。 旬の食材のもの、企業間のコラボ企画、などなど 定番メニューを超える神回がたまにあるのが侮れませんね。 今回ご紹介するギターは結果として”期間限定メニュー”になってしまったモデルです。 Gibson Nighthawk ギブソ… 続きを読む

Bobkatの謎(Harmony,Silvertone,Airlineの3種類のヘッドロゴが存在…?) 

ハイセンスなギターが入荷しました。 1966年製のBobkat ビザールギターがお好きであれば思わず注目するギターですね。 ルックスがまず良い。 Sonic YouthのThurston Moore(サーストン・ムーア)の若かりし頃の写真に写っていたり ジョン・スペンサーが使用していることや St.Vincent、アニー・クラークの使用で取り上げられたり どちらかというと独創的なセンスが光るプレイ… 続きを読む

Gibson Custom Shop Historic Collection 1968 Les Paul Custom CVW 

入荷したなかから好きなギターを紹介したい。 突然ですが、入荷してきた商品や個性のある在庫をアピールしたい。 サラっと読める記事なので楽しんでいただけたら幸いです。 2020/8/21の記事。 今年の夏はSadowsky NYCのエレキギターが入ってきたのが印象深かったです。 Sadowskyはベースのイメージが強いのですが、Sadowskyのエレキギターは入ってくると注目度がとても高いですね。 珍… 続きを読む

宅録環境、思わぬ伏兵。 

最近、宅録環境で新しく導入したものがあったのでパソコンまわり、物の位置が動きました。 休日に何回かホームセンターを往復しました。(同じものを何回か買うのちょっと恥ずかしい) 「よし、場も整ったし早速試そう。」 そう、こういう時に限って問題が発覚するのがギタリストあるある。 アンプに繋いでいたときには全く鳴っていなかったノイズが…。 シールド、ギター本体、チューナー、ソフト内の設定。 全… 続きを読む