凹みができても治せば完全に元通りになる・・? 

管楽器は形が真っ直ぐだったり、大きさが決まっていたりしていないため、いろんな形があり気を抜くとすぐぶつけてしまったりしますよね。 気をつけていてもぶつけちゃった!っていうこともあり小さな凹みを作ってしまいます。 凹みを治せば問題なし!と思ってしまいますが、実は形状が戻ってももとに戻らないものもあるのです。 今回は、凹んでしまったときに起こる管体の変化についてご紹介いたします! 凹みができたときの管… 続きを読む

【管楽器の音程の変え方】トランペットの音程は8つ!? 

  以前、[木管楽器と金管楽器の違いについての記事]で、「両者の違いは発音機構にある」とご紹介いたしました。 実はそれだけではなく、「音程の変え方」にも違いがあるのです。 管楽器は、その名の通り管状になっている楽器で、その管を長くしたり、短くしたりして音程を変化させます。 では、それぞれどのように管長を変化させていくのでしょうか。 木管楽器 木管楽器は、管体にあけられた音孔を開閉して音程… 続きを読む

このボタンみたいなのは何?? 

買取でお持ちいただいた際に、モデルの特定のためじっくりと楽器を見させていただくのですが 同じモデルでもマイナーチェンジをおこなっているものもあり、○世代目のトランペットまで特定するのはかなり大変です。 その見分けのポイントになるのがこのボタン。 位置や数によって見分けることもできるのです。 今回は、その「ボタン」の役割をご紹介いたします。 「ボタン」の正体は。。 このボタンは、「カニ目」と呼ばれて… 続きを読む

管楽器のモデル名・シリアルナンバーはどこにある? 

楽器を事前に査定させていただく際には、楽器のモデル名を必ずお伺いしています。 様々な理由で楽器や機材をお売りいただいておりますが、中には「ご自分の楽器ではないためにが、どこにモデル名が書かれているか分からない」というお問い合わせもございます。 特に管楽器はプリントやシールに表記されているわけでもないため、見つけにくいのではないでしょうか。 今回は管楽器のモデル名(製品番号・品番)とシリアルナンバー… 続きを読む

ジャズ・ポップスとクラシックをつなぐバーンスタイン ~「WEST SIDE STORY」~ 

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「WEST SIDE STORY」が公開されました。 たくさんCMが流れており、気になっている方も多いのではないでしょうか? 私、ウエスト・サイド・ストーリーの音楽をつくられた「レナード・バーンスタイン」が大好きでして、自分のお小遣いで初めて買ったクラシックのCDはバーンスタイン楽曲集なんです。 (当時、L’Arc~en~CielとBlurのアルバ… 続きを読む

ギネスに登録されるほど演奏が難しい木管楽器とは・・・ 

最近、買取させたいただく頻度が上がってきた楽器なのですが、私が吹奏楽部で楽器決めの時にほとんど音が鳴らせず難しいなと感じていましたが、修理をする身になり改めて難しさを感じています。 調べれば調べるほどなんて難しい楽器なんだと思ったのでご紹介させていただいたいなと思います! その楽器は・・ 17世紀頃、フランスにて誕生し「大きな音の木」や「高い音」などの意味を持つオーボエです。 オーケストラのレベル… 続きを読む

ユーフォニアムみたいなこの楽器の正体は。。 

先日、非常に珍しい楽器を買取らせていただきました! 吹奏楽などで使われることはほとんど無いので実際に目にする機会は少ないかなと思います。 この楽器は、英国式のブラスバンドなど金管バンドで使用されていることが多く、中音域を担当しユーフォニアムに近い存在です。 どんな楽器なのかご紹介いたします! サクソルン属のテナーホルン こちらの楽器の正体は、サクソルン属と言われる種類のテナーホルンという楽器です。… 続きを読む

音色や吹き心地に一番影響するのはココ! 

え、楽器全体じゃないの?と思われた方もいらっしゃると思います。 もちろん、間違いではなく楽器全体も影響はしますがもっと細かく見ると、あるパーツがキーマンだったのです! 今回はそのキーマンについてご紹介していきます◎ キーマンの正体・・ 管体の質や種類などを思い浮かべそうですが、実は「マウスピース」が一番音色に影響します。 意外じゃないですか?? 私は初めて聞いた時、そこ!?って感じでした笑 ではな… 続きを読む

管楽器の修理って高額すぎませんか??~金管編~ 

先月は木管楽器についてご紹介しましたが、金管楽器でも思わぬ金額を伝えられることがあります。 当店の買取の際にも、修理費って高いですよねとお話をいただくこともございます。 前回と同じ箇所なのに、今回は高っ!なんで!となることもありますよね(汗) 今回は、よくある症状とどんな修理をしているのかを詳しくご紹介いたします! よくある修理 金管楽器は大きく4種類の修理があります。 1.管内洗浄 それぞれにつ… 続きを読む

管楽器の修理って高額すぎませんか??~木管編~ 

1年くらい楽器の状態を見てもらっていないからちょっと見てもらお~っと軽い気持ちで楽器店へ持っていくと○万円かかります。など予想外の金額を聞かされてびっくりした経験をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。 「気になることもなく普通に吹けているのに、なんでそんなにかかってしまうの?」と疑問を持った事はありませんか?? 今回は、よくある症状とどんな修理をしているのかを詳しくご紹介いたします! よくある… 続きを読む