コンパクトでもサウンドは本格派!ウクレレベースのすすめ 

ウクレレベースというものがあるのをご存知でしたか? 写真は、当店が以前買い取りさせていただいた、KALA UBASS-SMHG-FL [売約済み] KALAは、ウクレレベースを世界に広めたメーカーと言っても過言ではないでしょう。KALAのウクレレベースは、NAMM showにおいて大きな話題となり、ネットを通じて一気に広がりました。 普通のベースは金属製の弦を使用しますが、KALAが作ったウクレレ… 続きを読む

楽器初心者にウクレレをおすすめする3つの理由 

“楽器を弾いて音楽をする”という事に、ハードルを感じる方は多いのではないでしょうか? 「今まで、音楽とは縁遠い生活をしてきたし」 「家族で楽器をやろうとしてるのは自分だけだし。」 「音楽が好きで、聴いてきたけど、全く知識もないし」などなど。 「楽器演奏を試してみたいけど、続けていけるか不安」 という方にぜひおすすめしたいのが、ウクレレです! ※写真は、以前買取させていただい… 続きを読む

日本を代表するウクレレアーティスト3名 

ウクレレは、ハワイの楽器ですが、ここ日本にもウクレレアーティストは沢山いらっしゃいます! 今回は日本のウクレレアーティストをご紹介! 山口岩男/IWAO 氏 元々は、ケツメイシ、森山直太朗さん等、J-Rock/J-Popでギターを主に演奏していたアーティストですが、ウクレレ演奏歴も長いアーティストです。 ウクレレの神様ともいわれる、ハーブオータサンのスタイルを継承しており、多彩なプレイが魅力です。… 続きを読む

ウクレレの音域は狭すぎる? 

ウクレレを弾いていて、「もっと音域が広ければな」と感じたことはありませんか? ピアノの音域が広いことは有名ですが、その他の楽器も、ウクレレよりは広い音域のものが多いです。 音域が広ければ、いろんな表現ができそうな気がしますし、できる曲に幅が出るような気もします。 しかし、うくれれにとって音域は、そこまで大切なものでしょうか? 実際はどのくらいの音域? ウクレレはとっても小さい楽器です。 小さいだけ… 続きを読む

おすすめのウクレレメーカー5選 

Famous ※写真は以前、買い取りさせていただいたFamous FC-4 日本のウクレレメーカーとして有名なFamous 1955年に製造開始と、長い歴史がある老舗メーカー。 極薄ながらも3層構造による強度とトーンウッドの特性を持ち合わせたFamous の合板(トリプルレイヤード)は、日本の気候にも耐える強度で安定感があります。 また、弾きやすさの面でも、ネックをホールドした時の安定感や、弦高3… 続きを読む

ディアンジェロも惚れた?テルミンの魅力 

皆さんはテルミンをご存じでしょうか? シンセサイザーの元となったとも言われている、世界初の電子楽器。 それが「テルミン」です。 ※写真は、以前当店が買取させていただいた、Moog Etherwave Plus Theremin Ash 楽器に触れることなく音を出すそのさまは、どこか呪術的で不思議な魅力があります。 発明された当時はホラー映画やSF映画の効果音として使われていたこともあるそうな。 演… 続きを読む

ウクレレ選びのポイント!単板と合板の違い 

ウクレレのボディに使われる板の構造には大きく分けて2種類あります。 「単板」と「合板」です。 単板 単板にも、「オール単板」と「トップのみが単板」の2種類があります。 「オール単板」は、ボディのトップ、サイド、バック、それぞれが1枚の板からできているという構造。 写真は、オール単板のMartin 2 Concert※売却済 「トップのみが単板」は、トップは単板ですが、サイドやバックは合板という組み… 続きを読む

ウクレレ選びの大切なポイント!木材とサウンドの関係性 

ギターや他の楽器と同じように、ウクレレもどの材で造られたかによってサウンドが変わる楽器です。 これまで当店が、お客様からお売りいただけたウクレレも、それぞれサウンドに個性がありました。 実際にウクレレを触ってみると、「同じウクレレでもこれほど違うものか」と感じられることでしょう。 特に、トップ面に使われる材はサウンドに大きく影響します。 それぞれの材にもランクがあったり、単板、合板などの構造でもサ… 続きを読む

ウクレレの基礎知識 各部位、部品の名称 

ウクレレを始める際に必要な基礎知識として、楽器の各部位、部品の名称を覚えておきましょう。 また、それぞれの部位の役割も続けてみていきましょう。 ボディ 演奏時に抱える部分。ボディの大きさや形によって、サウンドが変わります。 サドル 後述するブリッジの、溝にはめるようにして付ける部品。 弦の支点になる場所です。 ブリッジ サドルとボディの橋渡しのような部品。 弦を固定する役割があります。 弦の振動を… 続きを読む

Fender Japan STCL-100(ストラトキャスター型のエレガット) 

Fender Japan STCL-100 じつは先日、レアなギターが入荷していました。 Fender Japanのストラトキャスターのボディシェイプのエレガット。 ボールエンド付きのガット弦を張るモデルです。 生産完了品ということもあり、中古市場でプレミア価格がついています。 正直なところ購入を真剣に悩みました。 (やはり悩んでいる間に即売約となりました。) 製品の特性上どちらかというと普段エレ… 続きを読む