もうすぐ40周年を迎えるモダンベースの雄「Warwick」の歴史 

こちらは先日買取させていただいた、1990年のStreamer Stage Iを再現した特別モデルでございます。 メイプルのボディとネックに指板はエボニー、ピックアップにはバルトリーニを搭載。 現行品よりもボディは薄く、ワーウィックらしくもオープンな鳴りを持った一味違った1本ですので、ぜひこの機会にお手にとってみてください。 そんなWarwickが、来年2022年に創業40周年を迎えます。 ここ最… 続きを読む

最も有名なシンバル”Zildjian”の歴史 

先日店頭にて、シンバルをごっそり入れ替えたのでしょうか、大量のシンバルをまとめて買取をさせていただきました。 なんと、そのほとんどがZildjian(ジルジャン)シンバル! Zildjianといえば、SABIANと並んで打楽器奏者以外にも幅広く知られている最も有名なシンバルメーカーで、著名な愛用者もここでは挙げきれないほどです。 そんな皆さんご存じのZildjianですが、その歴史は1600年代と… 続きを読む

革新的なアイデアでドラム界を牽引し続ける”DW Drums”のこだわり 

Qsicではギター、ベースをはじめ様々な楽器の買取、販売をさせていただいております。 もちろん、近年習い事としても注目を集めているドラムもお取り扱いしており、近々では現在主流となっている、キックペダルのチェーンドライブペダルやアンダープレートなどを発明し、ドラミングの発展に大きく貢献してきたパイオニアであるdw(DrumWorkshop)のスネアドラムが2台入荷しております。 多くのプロも愛用する… 続きを読む

【ドラム】 ビーターのすすめ ~第3回 DANMAR , VATER , VIC FIRTH~ 

こちらは先日買取をさせていただきましたPearl P-2000Cの写真なのですが、同じモデルのはずなのに何か違うような、、、ビーターが違う!? 右のペダルのビーターがP-2000C純正のクォードビーター。 左のペダルは同じくPearlのDB-150が装着されています、前オーナー様が交換して使っていたようですね。 日頃、ドラマー仲間やお客様とお話をしていて、 「純正以外も使っていいの?」 「純正のビ… 続きを読む

【ドラム】ビーターのすすめ ~第2回 DW編~ 

こちらは先日買取をさせていただきましたPearl P-2000Cの写真なのですが、同じモデルのはずなのに何か違うような、、、ビーターが違う!? 右のペダルのビーターがP-2000C純正のクォードビーター。 左のペダルは同じくPearlのDB-150が装着されています、前オーナー様が交換して使っていたようですね。 日頃、ドラマー仲間やお客様とお話をしていて、 「純正以外も使っていいの?」 「純正のビ… 続きを読む

【国内メーカーの底力】激軽ペダル、Pearl P-3000D/デーモンドライブの魅力 

ドラムセットの中でも重要な、バスドラムの演奏に欠かせないフットペダル。 PearlやTAMA、YAMHAなど各社からさまざまなラインナップが発売されていますが、それ故に選ぶ時に迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は先日買取をさせていただきました、スムーズ過ぎるほどの軽いアクションで人気のキックペダル”Pearl P-3000D Eliminator Demon Drive”の魅力… 続きを読む

【ドラム】ビーターのすすめ ~第1回 Pearl編~ 

こちらは先日買取をさせていただきましたPearl P-2000Cの写真なのですが、同じモデルのはずなのに何か違うような、、、ビーターが違う!? 右のペダルのビーターがP-2000C純正のクォードビーター。 左のペダルは同じくPearlのDB-150が装着されています、前オーナー様が交換して使いっていたようですね。 日頃、ドラマー仲間やお客様とお話をしていて、 「純正以外も使っていいの?」 「純正の… 続きを読む

おすすめスネア!-チャド・スミスモデル(Pearl CS1450)- 

中古楽器Qsicでは、ギターやエフェクター以外にも、 ドラム 管楽器 鍵盤楽器 などの幅広いお品の買取、販売をおこなっております。 今回は、安価ながら幅広く使えるクオリティの高さで人気を博したスネアドラム、「Pearl Cs1450」の魅力をご紹介します。 Pearl CS1450 -Chad Smith model- Pearl CS1450は、言わずとしれた人気ロックバンド、Red Hot C… 続きを読む

人気のパーカッション「カホン」のお話 

Qsic打楽器部門では、ドラムだけではなくパーカッション類の買取もおこなっており、先日もドイツの老舗メーカー、Schlagwerk(シュラグベルク)のカホンの買取をさせていただきました。 今回は、手軽にはじめられる打楽器として人気のカホンの特徴や歴史をご紹介していきたいと思います。 カホンとは カホン(Cajón)はスペイン語で「箱」を意味する、文字通り木製で箱型の打楽器。 写真のタイプのような、… 続きを読む

乗り換えるドラマー多数のdw9000XFとは 

以前、ご紹介しましたdw9000のツインペダル「9002」が入荷です! 過去記事:チェーンドライブの最高峰、dw9000の魅力に迫る! しかし、ちょっと雰囲気が違うような、、よく見てみるとフットボードが長いではありませんか!? なにを隠そう、今回入荷したのは9002のロングフットボード仕様の「9002XF」だったのです。 今回の豆知識ではロングボードとなって何が変わったのか、など9002XFの特徴… 続きを読む