【Warwick最上位シリーズをご存知ですか?】 

ワーウィックCS ベーシストであれば一度は耳にしたことがあるであろう、Warwickというブランドを皆さんご存知でしょうか? Warwickは1982年にドイツにて設立され、その独創的なボディシェイプで現在でも根強い人気を誇る屈指のベースブランドでございます。 人間工学に裏打ちされたボディシェイプはルックスだけではなく演奏性にも優れており、多くのプレイヤーに愛されるモデルを多数排出してきました。 代表的なところでは… 続きを読む

ベース弦の種類とサウンドの変化 

ベース弦にも様々な種類があります。 その中でも素材と形状はサウンドに大きな影響があります。 それぞれの特徴を知って、演奏に生かしていきましょう。 弦の素材 ニッケルとステンレスがあります。 ニッケルとステンレスで比べると、ステンレスの方が高域成分が多く、トレブリーなサウンドです。 スラップ時のパキッとしたサウンドや、ピック弾きでギャリっとしたアタック音がほしいかたにオススメ。 ニッケル弦は、ステン… 続きを読む

【入荷特報】唯一無二の演奏性とオールジャンルに対応できるサウンド!ADAMOVIC Halo 5st 35inch Exhibition Grade Flamed Olive Topが衝撃の入荷! 

ADAMOVIC Halo 5st 35inch Exhibition Grade Flamed Olive Top 入手困難な海外ブランドの楽器も、日本全国から買い取りをおこなっているQsicでなら、見つけられるかもしれません。 海外から高品質な楽器を直接輸入するとなると、どうしても高額になってしまいます。 そんなときこそ、中古楽器を専門で扱っているQsicでお探しになってはいかがでしょうか? … 続きを読む

【初めてのベースにもおすすめの国産ベース!】 

FGN2 めっきり寒くなってまいりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか。長期間自粛ムードが続く中ですが、心を折らさずに乗り切っていきましょう! さて、先日「初めてのベースはどのこメーカーがおすすめですか?」とご相談いただきましたので、本日はそのお話をさせていただきたいと思います^^ 初めてベースを持つ方に「おすすめのメーカーは?」と聞かれると、私個人の意見とはなりますがやはり「フジゲン」を推させていただき… 続きを読む

【入荷特報】ビンテージの中でも特に希少!Rickenbacker Model 4002 1981年製が奇跡的に入荷! 

Rickenbacker Model 4002 1981年製 世界広しと言えども、なかなか出会うことはできないベースでしょう。 今回、買取させていただいたのは、Rickenbacker Model 4002 1981年製。 40年ほど前の個体ですので使用感はございますが、それでもいい状態と言えるでしょう。 もちろん一点ものでございます! 1931年創業の老舗工房、Rickenbacker。 エレク… 続きを読む

【入荷特報】世界中のプロベーシストからも人気が高いF-Bass BNシリーズが堂々入荷! 

F-bass BNF5D-DU “Fretted Option, Deep Auburn Burst” 5弦ベースで、ナチュラルなサウンドがほしい方は必見です! 世界中のプロベーシストからも人気が高いF-BassBNFシリーズ。 今回買取させていただいたのは、F-bass BNF5D-DU “Fretted Option, Deep Auburn Burst&#… 続きを読む

1957年に大きく変貌したプレシジョンベース! 

57PB 1951年に発売されたプレシジョンベースは通称テレキャスターベースと呼ばれておりましたが、1957年に仕様が大きく変更されました。どのような仕様変更がされたのか見ていきましょう!※画像は先日買取をさせていただきましたFender Japan PB57でございます。 ボディ ボディの角(構えた時に肘の当たる部分)にコンター加工が施されたことで、現在にも続くオーソドックスなプレシジョンベースのボディシ… 続きを読む

ハイエンドベースの最高峰、KenSmithベースとは!? 

ケンスミス KenSmithとは オールハンドメイドで製作されるハイエンドベース界の代表とも名高いブランドです。ハイエンドベース好きの方は必ず一度は耳にしたことがあることでしょう!ケン・スミス氏が製作するベースは作りの良さはもちろんですが、厳選された材や、材の鳴りを引き立たせるフィニッシュなど、非常に高い完成度を持っています。 サウンドの特徴 ケン・スミスといえば、そのサウンドを「ケロケロした音」という風に言… 続きを読む

【夏の終りに~楽器怖い話~】 

_MG_9851 夕方以降は少し涼しくなってまいりまして、そろそろ夏も終わりかとい風情ではありますが、今年の夏は本当に猛暑でございます。もう毎年言っている気がいたしますが・・・今年は異常気象でございます。 とにかく気温が高く、危険な暑さで熱中症に対する注意が必要であったり、梅雨時分にも例年に無い量の雨量だったりと体調の管理も大変でございます。 人間の体調管理が難しいのと同じく、気候が安定しないと楽器の管理も難しくな… 続きを読む

可愛いだけじゃない!一味違ったムスタングベース 

MUS ムスタングベースといえばショートスケールと可愛いボディシェイプが特徴ですよね。Fender社は1966年にムスタングベースを発売したわけですが、従来のジャズベースやプレシジョンベースのスケール(34インチ)ではなく、ムスタングベースはショートスケール(30インチ)を採用しています。 ショートスケールはテンションが弱い分チューニングが不安定になりがちですが、フレット間の距離が短くなるため運指がしやす… 続きを読む