【入荷特報】Gibsonのビンテージ・アコースティックギターをお探しの方は必見 1956年製J-50が堂々の入荷 

Gibson J-50 1958年製 ギブソンのビンテージアコースティックギターと言えばJ-45が人気ですが、J-50もそれと同じように語られるべきでしょう。 Gibson J-50 1942年にギブソン社から発売されたモデル。 一時、戦時中の物資不足により生産が停止されたが、1947年にはギブソンの主力製品として正式に採用されています。 J-50は、J-45をもとに製作されたモデル。 もとになっ… 続きを読む

ギターによって様々!トラスロッドナットについて 

ギターにとって重要な、ネックの反りを調整する「トラスロッド」。基本的な仕込み方や使用方法は同じですが、調整のためのナットやネジの位置は様々です。今回はよくある代表的なものから、ちょっとマニアックなものまで、画像付きで紹介いたします。 ギブソン・タイプ こちらは一番よく見かけるタイプですね。ヘッドのナット付近にカバーがついていて、ネジを外すと内部に調整用の六角ナットが出てきます。こちらを左右に回すこ… 続きを読む

必見!アコギ弦のゲージの差による違いってなに? 

top

アコースティックギターの弦を選択する際、コーティング&非コーティング、素材の違い、メーカーの違いなど、いろいろあって悩んでしまいますよね。というわけで、初心者の方が弦を交換する際の参考になるよう、弦のゲージ(太さ)の差による違いをご案内いたします! (今回は分かりやすいように、定番のダダリオ弦でご説明いたします) Light(ライト) 1st:0.012 2nd:0.016 3rd:0.024 4… 続きを読む

ソロギタリスト御用達!変則チューニングの魅力とは 

1

ギターのチューニングでよく耳にする「変則チューニング」。エレキギターやベースでも使用する人は見かけますが、ドロップDチューニングや、ドロップCチューニングなど、通常のギターよりも全体的に音を下げるチューニングがメインですよね。ソロギタリストは同じ変則チューニング使用者の中でも特にトリッキーなチューニングを使用するジャンルなので、今回はいくつか紹介します! エレキギターやベースでもよく使う!ドロップ… 続きを読む

何が違うの?カポタストの種類について 

capo

ギターの小物として定番のカポタスト。同じ演奏方法で曲のキーを変えることができるのでとても便利で重宝しますよね。そんなあると便利なカポタストなのですが、ギターの種類によって使えるものと使えないものがあるのはご存知でしょうか?店頭にも同じメーカーのものでいくつか種類があるので、よくお問い合わせを受けるのですが、今回は超かんたんに違いの説明をさせていただきます。 指板Rの違い ギターにはいくつか種類があ… 続きを読む

ヤイリギターの謎!S・K・Aの違いとは? 

1

高いクオリティを誇る、日本のアコースティックギター・ブランドとして有名を馳せている「ヤイリ・ギター」。アコギ弾きなら一度は聞いたことがある有名ブランドですが、ブランド名の前にある「S」「K」「A」の違いを知らない人も多いのではないでしょうか?(S.Yairi、K.Yairi、A.Yairi) 今回はざっくりとそれぞれのブランドの違いをご紹介します。 ヤイリギターの歴史 ヤイリギターは、1935年に… 続きを読む

誰でも弾けちゃう!一期一会とは? 

1

みなさんは一期一会(いちごいちえ)という楽器をご存知ですか? ギターのようなウクレレのような見た目の個性的な楽器なのですが、なんとこの一期一会、だれでも弾けちゃうくらいかんたんな楽器として、高い人気を誇ります。 一期一会とは? 一期一会とは、「もっとかんたんに楽器を演奏できれば」「もっと音楽が身近にあれば」という想いに応えるべく、ヤイリギターさんとBIGINのみなさんの協力のもと生まれた楽器です。… 続きを読む

【入荷特報】スウィングジャズ好き必見の一本!Waterloo WL-ATが奇跡の入荷! 

Waterloo WL-AT スウィングジャズのためのギター、と言ってもいいでしょう。 Waterloo WL-ATを買取させていただきました。 Waterlooは1930年代のKalamazooやRecording Kingといった『旧き良き』ギターをモチーフにしていることはご存知でしょう。 1930年代のアメリカといえば、スウィングの時代。 Waterloo WL-AT は、その時代性を踏襲し… 続きを読む

美しい仕上がりで人気。ロングサドルの魅力と注意点 

2

ヴィンテージ・マーチンやその復刻モデルで採用されている「ロングサドル」。ブリッジの曲線に合わせて加工された両サイドの美しい仕上がりや、ブリッジとの接地面積が広いことによる振動の効率的な伝達など、魅力がたくさん詰まった仕様です。それならどうしてロングサドルからショートサドルに仕様が変わってしまったのか?という疑問を持たれる方も多いかと思いますので、今回はそういったお話と、ロングサドルのギターの注意点… 続きを読む

アコギの宿敵!乾燥の季節 

5

今年もアコースティックギター弾きの皆さんにとっては心配な季節に近づいてまいりました。そう、乾燥の季節です! 私もこの季節になると、店頭の在庫品はもちろん、自身の所有楽器も細かく状態を確認してしまいます。今回は空気が乾燥するとアコースティックギターにどのような変化があるのかをかんたんに紹介させていただきます。 是非参考にして楽器を守ってください! ネックが反る これは乾燥だけが原因ではありませんが、… 続きを読む