そうか、あれは「ポルタメント」だったのか! 

シンセサイザーを始めた頃、とにもかくにも分からないことだらけで、「とりあえずやってみる方式」でツマミやパラメーターをいじっていた私。 当時はインターネットが普及し始めたばかりで、今みたいに検索すれば分かるようなこともなく、あーでもない、こーでもないとやっていました。 その中で、どうしてもやり方が分からず、楽器店の店員さんに聞きに行ったのが「ポルタメント」。 グリッサンドはピアノでもよくありますが、… 続きを読む

ハリウッド映画の「声」と、レコーディングの多様性と。 

最近、ハリウッド映画などの声が、後から録音する「アフレコ」であることを知りました! たぶん、ほとんどの方が知っているんですかね?汗 私は映画の撮り方などは全く分からないもので、日本の撮影でよく見かける音声さんが持っている猫じゃらしみたいなマイクで録音しているものだと勝手に思い込んでいて、「ほえー」と驚いたのと同時に、後から自分の動きに声を入れる俳優さんはすごいなぁ、としみじみ感じていました。 でも… 続きを読む

ロータリーを切り替えよう!~オルガンの演奏に悩んでいませんか?~ 

シンセサイザーをされるお客様の中で、「どうしてもオルガンの演奏がうまくできないの~」というお話を伺うことがあります。 そうなんです!私もエレクトーンを始めた頃に悩んだんです。 「なんかオルガンの演奏がCDみたいにかっこよくないぞ!」と。 (その曲は今でも覚えているんですが、スティービー・ワンダーの「I Wish」をオルガンにアレンジした曲でした><) シンセサイザーをはじめてから、さらにその悩みは… 続きを読む

「いつも同じコード進行」と言われたら~その3 

「いつも同じコード進行」といわれたら 今回で3回目の「いつも同じコード進行」といわれたらの回です。 3回目は「いつもと同じコード進行」で勝負しようという回です。 「どういうこと?」状態かとは思いますが、今回もかんたんに体感できる記事にしたいと思います。 なんとなく意味は通じると思うのでオチを先に言っておくと、「今回は転調してみますか。」 転調って半音上にそのまま上げる以外にもあるんですよ 今回もわ… 続きを読む

「子ども用」だけではもったいない!KORG microPIANO! 

  ちょっと変わり種の電子ピアノ「KORG microPIANO」。 グランドピアノを小さく、小さくしたような形ですが、トイピアノのようなアナログではなく、デジタルな仕様のモデルです。 大人気のモデルで、よく「子ども向けに~」としておすすめされているのですが、子ども用だけにとどめておくのは本当にもったいないと感じているので、ちょっとご紹介したいと思います! ①ハイクオリティな61種類の音色! 子ど… 続きを読む

「いつも同じコード進行」と言われたら~その2 

前回「いつも同じコード進行」といわれたら の投稿をしました。 今回は別の「コード進行ちょい技」について書きたいと思います。 今回も前回同様、難しい話を抜きにして「試せる」記事にしたいと思います。 使えるコードを増やす 前回はKey:Cの時に基本的に使えるコードが7種類のみとご説明しました。 Cmaj7、Dm7、Em7、Fmaj7、G7、Am7、Bm7-5 の計7種 前回は「コードの役割が似ていると… 続きを読む

「音」を「言葉」で表現すること ~佐渡裕さんの絵本~ 

楽器店のスタッフは、楽器の「音」を「言葉」にして、お客様にお伝えすることが業務でもあります。 「このエフェクターってどんな音なのー?」というご質問に答えたり、通信販売のHPではその商品の音をお伝えする文章を書いたり。 ただ、この「音を言葉で表す」というのが、本当に難しい。。。 「キラキラした〇〇」「激しめの■■」と書いても、人によってその感じ方は異なりますし、難しいなぁと日々感じています。 &#8… 続きを読む

「いつも同じコード進行」と言われたら 

最近はバンドの音楽というのが2000年代初頭や90年代以前80年代と比べればニッチなものになってしまいました。 「ライブのお客さんもギターやベースをやっている」同業に見られることが多いのではないでしょうか。 当然、「やってる側視点」の意見は「うるさいな、放っといてくれ」と言いたくなるものが多々あります。 自分でも気付いている、言われたくないところを突かれることがある状況ということです。 「いつも同… 続きを読む

シンセの出音がなんかオカシイ。。電池が原因かも知れません! 

  先日、久々に20年近く前に買った(歳がバレる笑)シンセを弾こうとしたら、出音がおかしい。。。 なんだかちょっとピッチが低いんです>< 半音下がっているとかじゃなく、絶妙に下がっているので、気持ちの悪いこと悪いこと笑 設定を確認しましたが問題なく、工場出荷時に戻しましたが症状は戻らず。   さて、まだ修理をしていないので明確なことは言えませんが、内部パーツの損傷ということも考… 続きを読む

サスティンペダルの諸々 ~ダンパーとは違うの?極性が異なるときは?~ 

サスティンペダルとダンパーペダルの違いってあるの? アコースティックピアノにはペダルが3本あり、中でもよく使うのが1番右のペダルで、これを踏むと音がぼわわーんと伸び、曲に艶や壮大さを与えることができます。 このペダルのことを「ダンパーペダル」と言います。 ピアノの弦の振動を止めるための装置を「ダンパー」と言い、このペダルを踏むことですべての弦が開放され、音がぼわわーんと伸びる訳です。 そのダンパー… 続きを読む