サウンドメイクの練習 

_MG_9924

お店をやらせていただいておりますと、大変ありがたいことに長いお付き合いのお客様というのがチラホラいらっしゃいます。 中には演奏をお仕事にされている方もいらっしゃいまして、接客とはいえ身近でプロの演奏を拝見させていただく機会が多いというのも、この商売の役得と言えるかもしれません。 先日もそういったお客様にご来店いただきました。 その方が試奏されておりますと、別所で作業しているスタッフが気になって見に… 続きを読む

焼いた木!?ローステッドメイプルとは 

こちらは先日入荷した、長野県を本拠地とする老舗「Deviser(ディバイザー)」が展開するBacchusのジャズベースモデルですが、どこか見た目に違和感が、、、 そう、ネックと指板のメイプルが茶色くないですか? これは茶色く着色しているのではなく、一般的に「ローステッドメイプル」と呼ばれる加熱処理したメイプル材の素の色なのです。 このローステッドメイプルをはじめとする「サーモウッド」は、Sagoが… 続きを読む

ボディ材で音は変わらない?変わる? 

先日、買取をさせていただいたギターのなかにTokaiのTalboがありました。 熱狂的なファン、使用ミュージシャンも個性的。 サスティナー、GKピックアップ搭載のモデファイなど、他ブランドのエレキギターとは違った盛り上がりがあります。 (玩具の光線銃の音が鳴るスイッチが本体に付けられたりしていますね。) GLAYのHISASHIさんがギターを弾いていなかったような層にも一躍有名にさせたのもあり、人… 続きを読む

凹みができても治せば完全に元通りになる・・? 

管楽器は形が真っ直ぐだったり、大きさが決まっていたりしていないため、いろんな形があり気を抜くとすぐぶつけてしまったりしますよね。 気をつけていてもぶつけちゃった!っていうこともあり小さな凹みを作ってしまいます。 凹みを治せば問題なし!と思ってしまいますが、実は形状が戻ってももとに戻らないものもあるのです。 今回は、凹んでしまったときに起こる管体の変化についてご紹介いたします! 凹みができたときの管… 続きを読む

【管楽器の音程の変え方】トランペットの音程は8つ!? 

  以前、[木管楽器と金管楽器の違いについての記事]で、「両者の違いは発音機構にある」とご紹介いたしました。 実はそれだけではなく、「音程の変え方」にも違いがあるのです。 管楽器は、その名の通り管状になっている楽器で、その管を長くしたり、短くしたりして音程を変化させます。 では、それぞれどのように管長を変化させていくのでしょうか。 木管楽器 木管楽器は、管体にあけられた音孔を開閉して音程… 続きを読む

一番初めにエレキギターを製作したのはどこのメーカー? 

楽器の買い取りをおこなっていますと、古いメーカーや珍しいメーカーに出会うことがあります。 そのメーカーについて調べていくうちに、興味深いことに当たることもしばしば。 本日は、Kay Musical Instrument Companyのフルアコ(1966年発表のモデル)を買い取りさせていただきました。 ※写真は、調整中のKayのギター。 楽器のご売却に当店を選んでいただき、ありがとうございます。 … 続きを読む

君の名(の由来)は。 

IMG_9529

本当に最近は 「便利な世の中になったなぁ~」 と思うのですが、 サブスクリプションサービスを利用するとスマートフォンでも映画が見れたりしますよね。 自宅に帰ってから寝るまでの間、ドラマや映画などを流し見しながら用事を片付けていくというのが私のくつろぎの時間だったりします。 最新のものや話題作ばかりではなく、過去の名作や見逃していた少し前の話題作などが見れるのも醍醐味でございます。 そんな中で最近気… 続きを読む

【 RolandのD-Beamって知ってます? ~現行シンセにはないのです~ 】 

Rolandを代表するシンセサイザーの1つに「Fantom」シリーズがあります。 最初期モデルは2001年に発売され、フラッグシップ機として、小室さんをはじめ多くのプロが使用していました。 いくつかのマイナーチェンジを経て、しばらく発売されていなかったFantomですが、2019年に復活し話題となりました。 現在は、ハイエンドな「Fantom」シリーズと、少しライトな「Fantom 0」シリーズが… 続きを読む

このボタンみたいなのは何?? 

買取でお持ちいただいた際に、モデルの特定のためじっくりと楽器を見させていただくのですが 同じモデルでもマイナーチェンジをおこなっているものもあり、○世代目のトランペットまで特定するのはかなり大変です。 その見分けのポイントになるのがこのボタン。 位置や数によって見分けることもできるのです。 今回は、その「ボタン」の役割をご紹介いたします。 「ボタン」の正体は。。 このボタンは、「カニ目」と呼ばれて… 続きを読む

これ知ってた?2021年製Gibsonに載っているABR-1ブリッジのサドルは… 

先日、買取させていただいた商品のなかにGibsonの2021年製のモデルがありました。 Gibson Les Paul Classic 2021 スタンダードとなにが違うの?ってよく聞かれるんですが、スタンダードに親しい存在で、そのバリエーションと考えると理解しやすいです。クラシックは60年代前半の仕様が元になったモデルです。 メイプルトップ、マホガニーバック、マホガニーネック、ローズウッド指板の… 続きを読む