Qsic 2019年上半期エフェクター人気ランキング発表!! 

早いもので2019年も半分が終わり、すっかり夏の気候になりました。 その半年の期間、多くのエフェクターの買取と販売をさせていただきましたので、Qsicのエフェクター販売数ランキングを発表いたします! 今年の初めに年間ランキングを発表させていただきましたが(昨年のランキングはこちらのURLにてチェック→https://www.gakkikaitori.com/url/fr)、今回は上半期でのランキン… 続きを読む

【『激歪みだけじゃない!』ODB-3に秘められた能力とは】 

BOSSのベース用オーバードライブとして定番であるODB-3。GAINが9時を過ぎた辺りで一気に歪みが加わり、エッジの効いた攻撃的なドライブトーンが特徴的です。(レッチリのフリーが使っていた事でも有名ですね。) OD-3やSD-1などをイメージしていると、思ったよりドライブがかかり過ぎて…(汗)となられた方も少なくないのではないでしょうか。そんなODB-3ですが、歪みを抑えて大人しくさせる方法があ… 続きを読む

ヴィンテージモデル”BOSS DM-2″の見分け方 

81~84年に販売されたBOSS初のディレイ・ペダル、BOSS DM-2。「技 WAZA CRAFT」シリーズとしてリメイクされているため、このピンク色の筐体に見覚えがある方は多いのではないでしょうか。 オリジナルは今ではなかなか手に入らないほど希少で、独特な暖かみのあるアナログ・サウンドにより多大な人気を誇り、現在でもオリジナルを好んで使用しているプロも多く、市場では高額で取り引きが行われており… 続きを読む

【名機と謳われるBOSSのヴィンテージペダルの実力は如何に?】 

使いやすさとクオリティの両面から高い評価を得ている世界的なエフェクターブランドBOSS。 今でも数々のニューモデルが開発されていますが、一度生産完了したモデルは、中々再販されない事でも有名です。その為1970年~1980年代に販売されていたモデルは、今でも高値で取引されています。中にはハイエンドエフェクターと肩を並べるほどの金額になっている事も。 そんなBOSSのヴィンテージですが「実際のサウンド… 続きを読む

デジタルディレイVSアナログディレイ 

デジタルディレイとアナログディレイ。 それぞれに別々のサウンドと特性を持つため、プレイヤーによって好みが分かれやすい2つのディレイタイプです。 そのため、エフェクターでディレイを選ぶ際、デジタルかアナログどちらかを決めて選ぶ方は少なくないかと存じます。 しかしながら、デジタルかアナログかは気にされずディレイをお選びになっている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、デジタルディレイとア… 続きを読む

歪みエフェクターとピッキングニュアンスの関係性 

歪みエフェクターについて調べている際、時折「ピッキングニュアンスへの反応性が高い」などのキャッチフレーズを目にするのではないでしょうか。 歪みの中には、ピッキングニュアンスへの反応性が他より優れているモデルが存在します。 しかし、ピッキングニュアンスへの反応性とはどういった歪みの性質なのかをご存知でない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は歪みエフェクターのピッキングニュアンスへの反応性に… 続きを読む

一緒じゃないの?パワーサプライと分岐ケーブルの違い 

エフェクターを複数使用する場合、パワーサプライを導入するか、電源アダプターに分岐ケーブルを接続して電源供給をされているプレイヤーが多数でございます。 しかし、これからエフェクターを増やしていこうとお考えのプレイヤーの中には、「どっちも複数の電源を供給できる機材なのだから、一緒じゃないの?どう違うの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は2つの電源供給方法の違い、そのメリッ… 続きを読む

定番エフェクターに隠された秘密の機能!? 

誰もが知る定番のエフェクター。非常にシンプルで使いやすく、使いこなせないプレイヤーはほぼいない。そんなエフェクターにも意外と知られていない機能があるかもしれません。 その秘密はズバリ、裏蓋の中にあります。電池で駆動させているプレイヤーにしか縁のない裏蓋ですが、開いてみると音の調整ができるトリムコントロールが搭載されていたり、モードを切り替えられるディップスイッチが備えられていたり・・・。今回は知ら… 続きを読む

【ジミヘンが操ったあの唯一無二のトーンは日本人が作った】 

様々な新製品が開発される中、ヴィンテージエフェクターの人気が衰える事はありません。 海外製はもちろん、日本製のエフェクターやギターなども同じで、当店でも、たくさんのお客様からお問い合わせ、ご購入いただいてきました。 今回は、ジミ・ヘンドリックス氏(以下ジミヘン)が使用していた事で有名であり、多数の復刻版・コピーモデルが発売されている「Uni-Vive」について。 このオリジナルモデルは日本人が作っ… 続きを読む

【市場相場をガラッと変えるアーティストの影響力】 

アーティストの影響力

・50~60年代に製造されたヴィンテージ・ハンドメイドで生産数が少なく、業界内でも評価が高い・周年記念などの限定モデル 商品の価格が高騰する要因は数多くございますが、他にもこのような「一気に需要が変動し、価格が高騰するタイミング」があります。それは「著名なアーティストが使用した」時です。 ギターなどに比べると価格が安いエフェクター特有のものか、「あのアーティストが使ってるから大丈夫!」「あの曲の音… 続きを読む