Qsic 2019年エフェクター人気ランキング発表!! 

2019年は当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。 非常に多くのエフェクターの買い取り、そしてお買い上げをいただき、感謝申し上げます。 2020年はより多くのお客様のエフェクター探しをお手伝いできるよう精進してまいりますので、 何卒よろしくお願い申し上げます。 そんな2019年ですが、1年間の間にいったいどんなエフェクターが当店では人気だったのか。 恒例となりつつあるエフェクター販売数… 続きを読む

誰もが名機の呼び方を間違えている!?ワーミーの真実 

今回ご紹介するのはペダル型ピッチシフターの代名詞、DigiTech Whammyに関しての豆知識。 ピッチを変化させられるエフェクターと聞けば、真っ先に連想するのがWhammy、通称「ワーミー」ではないでしょうか。 搭載されたペダルで音程を自在に変化させられる独自のシステムで、1989年に初代モデルが発売されて以降、圧倒的な人気を誇る名機。 コンパクトペダルのピッチシフターにエクスプレッション・ペ… 続きを読む

アダプターと電池で音が違う理由とは? 

ペダルエフェクターを駆動する際、アダプターと電池のどちらで駆動させていますか? かつてこの世にエフェクターという機材が誕生した当初は、アダプター駆動をするエフェクターなどございませんでした。 しかし、現在では一部を除き、アダプター駆動に対応しているのは当たり前。 逆にミニサイズのエフェクターなどは、電池駆動が非対応であるモデルも少なくありません。 昨今ではそんなエフェクターの電池文化が廃れつつあり… 続きを読む

キーワードを見逃すな!エフェクターでの「ブリティッシュサウンド」とは? 

歪みエフェクターやプリアンプの商品説明を呼んでいると、なかなかイメージをしづらい単語を多く見かけます。 そんな場合、「〇〇のサウンド」と説明をされても、馴染みのない言葉であればどんな音か全く想像ができませんよね。 その中でもよく見かける「ブリティッシュサウンド」といった単語。 ブリティッシュ?イギリスの音? その言葉の実情をご存じない方にとっては全く音をイメージできないのではないでしょうか。 そこ… 続きを読む

見た目が瓜二つ!?IbanezとMaxonの関係 

IbanezとMaxon。どちらも日本の老舗エフェクターブランドとして有名で、ここから数多くの名機が生み出されました。 しかし、楽器店で2つのブランドのエフェクターを見比べると、「あれ?見た目一緒じゃん・・・」と思ったことはございませんか? Ibanez TS-9 とMaxon OD-9など、モデルによればメーカーロゴなどのステッカー以外は外観がほぼ一緒の商品を発売している上記ブランド。 その秘密… 続きを読む

歪みエフェクターとプリアンプの違いとは? 

歪み系のエフェクターを選ぶ際、プリアンプと呼ばれるエフェクターも目に付くことが多いかと思います。 ベーシストにとっては馴染み深いエフェクターですね。 そのプリアンプですが、歪みエフェクターと何が異なるのでしょうか。 3バンドEQや複数のチャンネルが搭載されていたらプリアンプ? 逆に搭載されていなかったら歪み? その定義を曖昧に感じている方は少なくないのではないでしょうか。 今回は歪みエフェクターと… 続きを読む

【何が違うの?ワウとフィルターの不思議】 

ワウ・フィルター1

リズムよくペダルを踏んでチャカポコカッティングをしたり、TAK氏のように半止めで使ってみたりと、誰もが人生で一度は楽しく遊んだ事があるであろうワウペダル。オートワウを使えば自動でワウワウサウンドを楽しめるようになるまでに時代は進みましたが、1つ気になる存在が…それは「フィルター」です。その中ではエンベロープフィルターが有名かと思いますが、「ワウとどう違うんだろう」って思ったことはないですか?実は2… 続きを読む

Qsic 2019年上半期エフェクター人気ランキング発表!! 

早いもので2019年も半分が終わり、すっかり夏の気候になりました。 その半年の期間、多くのエフェクターの買取と販売をさせていただきましたので、Qsicのエフェクター販売数ランキングを発表いたします! 今年の初めに年間ランキングを発表させていただきましたが(昨年のランキングはこちらのURLにてチェック→https://www.gakkikaitori.com/url/fr)、今回は上半期でのランキン… 続きを読む

【『激歪みだけじゃない!』ODB-3に秘められた能力とは】 

BOSSのベース用オーバードライブとして定番であるODB-3。GAINが9時を過ぎた辺りで一気に歪みが加わり、エッジの効いた攻撃的なドライブトーンが特徴的です。(レッチリのフリーが使っていた事でも有名ですね。) OD-3やSD-1などをイメージしていると、思ったよりドライブがかかり過ぎて…(汗)となられた方も少なくないのではないでしょうか。そんなODB-3ですが、歪みを抑えて大人しくさせる方法があ… 続きを読む

ヴィンテージモデル”BOSS DM-2″の見分け方 

81~84年に販売されたBOSS初のディレイ・ペダル、BOSS DM-2。「技 WAZA CRAFT」シリーズとしてリメイクされているため、このピンク色の筐体に見覚えがある方は多いのではないでしょうか。 オリジナルは今ではなかなか手に入らないほど希少で、独特な暖かみのあるアナログ・サウンドにより多大な人気を誇り、現在でもオリジナルを好んで使用しているプロも多く、市場では高額で取り引きが行われており… 続きを読む