「いつも同じコード進行」と言われたら~その2 

前回「いつも同じコード進行」といわれたら の投稿をしました。 今回は別の「コード進行ちょい技」について書きたいと思います。 今回も前回同様、難しい話を抜きにして「試せる」記事にしたいと思います。 使えるコードを増やす 前回はKey:Cの時に基本的に使えるコードが7種類のみとご説明しました。 Cmaj7、Dm7、Em7、Fmaj7、G7、Am7、Bm7-5 の計7種 前回は「コードの役割が似ていると… 続きを読む

【音楽用語解説~これはシーケンサー?サンプラー?~】 

音楽をしていると、一度はサンプラーという機材は耳にした事があると思います。 ざっくり説明すると、別の楽器の音はもちろん、風や川の流れなどの環境音など、様々な音色をデータとして録音することで、対応させたパットからその音が出せるといった機材です。AKAIのMPCシリーズが有名ですね。 本格的に楽曲制作をされる方には馴染みの深い機材かと思いますが、これと似たような属性の機材が存在します。それがシーケンサ… 続きを読む

DTMの作業効率UP!あると便利な周辺機器を紹介! 

DTMをするのに最低限必要なものは、 ・パソコンとDTMソフト ・オーディオインターフェース、 ・モニタースピーカー、もしくはモニターヘッドホン ・MIDI鍵盤 上記のものがあれば、すぐに初めることができますが、更にあると便利なアイテムがございます。 これから紹介するアイテムを使えば、作業効率がUPし、パソコン作業による体への負担も軽減され、いいいことばかりですので、ぜひ参考にしてみてください! … 続きを読む

音楽配信サービスへの変遷と、鍵盤・機材のこれからと。 

先日、NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」という番組で、奥田民生氏とYouTube音楽部門総責任者のリオ・コーエン氏の対談を放送していました。 アナログレコードからストリーミング配信への音楽ビジネスの変化についての対談だったのですが、リスナーとして、そして楽器店で働く身としても、色々と考えさせられる内容で非常におもしろかったです。 私は「Theアナログ人間」で、定額配信サービスの音楽を10… 続きを読む

モデルによって機能さまざま ~シンセのパッド~ 

RolandやKORGなどのライブ向けシンセサイザーで見かけるパッド。 店頭でもこのパッドの使い方について、よくお問い合わせをいただきます。 このパッドは、サンプリングした音源をパッドに当てはめて、サンプラーのように使うのはもちろん、メーカーにより、いろいろな機能を合わせ持っているので、Qsicでも人気の3機種を例にどんなことができるかを見てみたいと思います^^ Roland FA-06 Rola… 続きを読む

4月、ピアノを始めたいあなたへ。Qsic的おすすめ3シリーズ! 

4月は何だか新しいことを始めたくなる季節。「ピアノを始めたい!」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか^^ そんな時によく聞くのが、「生ピアノを買うには勇気が要るし、電子ピアノやキーボードは種類が多くて、結局何を買えばいいか分からない!」というお悩みです。 また、Qsicを含め、ネット通販やオークションが主流となったことで、便利に安く手に入れることはできるようになりましたが、 「ピアノが弾… 続きを読む

超便利!!スマホアプリで演奏も作曲もラクラク♪ 

スマホアプリの楽器ソフトは品質が高く、演奏したり、作曲するのにも非常に便利です。 写真のようにMIDIキーボードとスマホを接続すれば、本物のキーボードさながらの演奏が楽しめます。(Apple純正カメラアダプタを間に接続しています) リハーサルやライブでも使えるほどのクオリティなので、もう重たいキーボードを運ばなくてもいいんです! そんなアプリの中でも、特に使いやすいものを紹介します!(私のスマホの… 続きを読む

ボリュームペダルとエクスプレッションペダル 

キーボーディストとご縁が深い「ボリュームペダル」。そう、ボリューム(音量)を調整するから「ボリュームペダル」。ではその友達のような「エクスプレッションペダル」との違いって何なのでしょうか? どちらも音量を調整できることに変わりはないのですが、ちょっと「仕組み」が違うんです。 ボリュームペダルとは その名の通り、音声信号の音量調整を行います。基本的には シンセのOUTPUTからモニターの間にはさみ、… 続きを読む

知って得するマイクの指向特性 

無指向性 すべての方向から同じ感度で収音出来ますので、ハウリングが起きやすく、扱い方が非常に難しいと言われています。こちらは音楽用というよりは、広い舞台での演劇などで、台詞を客席に届けるために使われることが多いです。 単一指向性 こちらは一方向からの収音が得意で、ステージでのボーカルマイクによく使われている種類です。ハウリングにも強いのでボーカルで使ったとき、バンドの音を拾わずに綺麗に声を客席に届… 続きを読む

キーボードコーラス苦手だな~!でもマイクを知ると悩みが減るかも! 

7

キーボーディストは弾き語りだったり、バンドのコーラスだったり、歌うことが割と多いと思います。 でも、特にバンドのコーラスの場合、元々歌がメインではないので、「演奏の方に集中しすぎてマイクの位置と離れてしまった!」「シンセのことは分かるけど、マイクの特性まで意識したことがない!」など、ありませんか? そこで、今回はキーボードを弾きながら歌う場合の「マイク」に関するポイントを見ていきたいと思います! … 続きを読む