ベストな弦高を求めて 

エレキギターのウェブ販売でよくご質問をいただく内容の一つに弦高というものがございます。 以前にピックアップの高さ調整について記事を書いたことがございましたが、弦高調整も演奏性とサウンドに深く影響する要素です。 調整によってはその個体が別物に感じられるくらいの影響があります。 今回の記事の結論は「弦高だけでギターの良し悪しは断言できない。」というものですが、弦高は現物が手元にない場合にプレイコンディ… 続きを読む

一人三役!?多彩なサウンドが魅力のピックアップをご紹介 

3

エレキギターのピックアップ選びってなかなか難しいと思いませんか? 交換するにしても、実際に搭載してみないと分からないからどれがいいのか分からない…という人も多いかと思います。そんな人にもお勧めできる超多彩なサウンドメイキングが可能なピックアップを搭載したギターが入荷したので、今回は搭載されたピックアップに焦点を当てて紹介したいと思います! YAMAHA Pacifica 510V 話題のギターはこ… 続きを読む

「初心者の中で、脱落しなかった10パーセントは一生ギターを弾き続ける」 

FenderでJ MASCIS TELECASTERが発表になりましたね。 皆さんはフェンダーのページはチェックされましたか? ELECTRONICSのSwitchingの箇所にはBridge and Neck Pickups (Out of Phase)と表記されており、さらりとミックスポジションがフェイズアウトサウンドになっているのには思わず声が出ました。 それはさておき、今回Fender.c… 続きを読む

ギターによって様々!トラスロッドナットについて 

ギターにとって重要な、ネックの反りを調整する「トラスロッド」。基本的な仕込み方や使用方法は同じですが、調整のためのナットやネジの位置は様々です。今回はよくある代表的なものから、ちょっとマニアックなものまで、画像付きで紹介いたします。 ギブソン・タイプ こちらは一番よく見かけるタイプですね。ヘッドのナット付近にカバーがついていて、ネジを外すと内部に調整用の六角ナットが出てきます。こちらを左右に回すこ… 続きを読む

こんなギター見たことない!スイス発のギターブランド「RELISH Guitars」とは 

IMG_5280

先日、面白いギターが入荷しました!スイス発のギターブランド「RELISH Guitars」の「Ashy Jane」と「Rocky a Mary」の二本です。 登場時に話題になったので、すでにご存じの方も多いかと思いますが、このメーカーのギターは今までにない革新的な仕様のオンパレードです。今回は、今までの常識を覆す「RELISH Guitars」の魅力と、スペックについて少しだけ紹介いたします! ボ… 続きを読む

シリアルナンバーから読み解く楽器の製造年【Fender 1976~ 編】 

こちらは買取させていただきました、1970年代のものと思われるFender JazzBass。ナチュラルカラーのアッシュボディに、ブロックインレイをあしらったメイプル指板という70年代後半を象徴するような仕様の1本です。 シリアルナンバーが1977年製を表す”S7”からはじまるのですが、コントロールパネルを外しポットデイトを確認すると1978年に作られたものでした。ポットには交換されている様子もな… 続きを読む

Gibson バースト、1959 Les Paul リイシューの父、Tom Murphy(トム・マーフィー) 

ギブソンがお好きであれば必ず名前を知っているトム・マーフィー。 彼の略歴を調べようとしてもなかなか情報は出てきません。 “ヒストリック・レス・ポールの初代ペインター(フィニッシュ担当)であり、エイジングのパイオニア、ヴィンテージ・エキスパートでもある、トム・マーフィー氏” とGibson.jpの製品紹介アーカイブに文章が載っていますが、日本人ギタリストの多くの方が「なんかギ… 続きを読む

ソロギタリスト御用達!変則チューニングの魅力とは 

1

ギターのチューニングでよく耳にする「変則チューニング」。エレキギターやベースでも使用する人は見かけますが、ドロップDチューニングや、ドロップCチューニングなど、通常のギターよりも全体的に音を下げるチューニングがメインですよね。ソロギタリストは同じ変則チューニング使用者の中でも特にトリッキーなチューニングを使用するジャンルなので、今回はいくつか紹介します! エレキギターやベースでもよく使う!ドロップ… 続きを読む

【Aria Pro II】シリアルナンバーから読み解く楽器の製造年 

メタリカの2代目ベーシストであるクリフ・バートンが使用していたAria Pro II SB-1000をイメージし製造された「Aria Pro II SB BLACK’N GOLD-I」を買取させていただきました。80年代前半の短い期間に製造された貴重なモデルで、シリアルナンバーから1982年製と思われる個体でございます。 この様な楽器の製造年に関しましては、お客様よりお問い合わせをお受… 続きを読む

Gibson黄金期の正式後継者!? 

添付した写真に写っているのは、つい先日入荷したギターなのですが、ご存知でしょうか? Heritage(ヘリテージ)というブランドのギターです。 そしてHeritageはギブソンのカラマズー工場を引き継ぐ形でスタートしたブランドです。 ご存知の方もいらっしゃるでしょうから、こちらでは軽くご紹介させていただきたいと思います。 ギブソン・カラマズー工場について オービル・H・ギブソンはカラマズーでパート… 続きを読む