弦交換が楽ちん!スルータイプのブリッジとは? 

3

アコースティックギターにとって重要な部分であるブリッジ。 弦の保持や弦高の決定などを担当しており、サウンドにも強度にも高い関係性を持った部品です。 今回は、そんなブリッジの仕事の中から、弦の保持の仕方という部分にスポットを当てて紹介したいと思います。 一般的なブリッジ こちらはよく見かける一般的なフォークギターのブリッジです。 ブリッジの穴に弦を差し込み、ピンで保持するという伝統的なものとなってお… 続きを読む

ギターの弦を長持ちさせる方法 

いろんなものが値上がりしている昨今。 円安の影響や原材料の高騰などで楽器本体はもちろん、消耗品である弦も例外ではありません。 大変心苦しいのですが、当店でも定番のギター弦であるダダリオのEXLが次回入荷分から1000円近い価格に値上げを余儀なくされました。 (2022/12/12現在) 1セットたった数百円とはいえ、コンスタントに交換する消耗品のコストアップは馬鹿に出来ません。 ということで今回は… 続きを読む

独特な形状のミニギター!Martin BACKPACKERの魅力! 

1

ミニギターといえば各ブランドから様々なモデルが販売されており、その取り回しやすさや愛らしさから非常に高い人気を誇ります。 今回はそんな数あるミニギターの中でもひときわ個性的な形状で、それでいて最もポピュラーなモデル「Martin BACKPACKER」をご紹介します! 独特なボディ形状 一見して、箒のようでもありイカのようにも見える独特なボディ形状が特徴的ですが、実はこのモデル、1992年にマーチ… 続きを読む

【11月11日は何の日?】楽器・音楽にまつわる記念日 

4弦ベース

先週の金曜日、11月11日は〇〇の日。 日本記念日協会によると1年で最も記念日が多い日だそうです(2022年11月6日時点)。 皆さんは、〇〇の中に何を思い浮かべますか? ポッキー&プリッツの日、チンアナゴの日、鮭の日…など色々ありますが、楽器店スタッフとしては「ベースの日」が一番に思い浮かびます。 1が4つに並んでいるのが、ベースの4本の弦に見えることが由来で、 音楽プロデューサーでベー… 続きを読む

最新技術!今をときめくモダンなアコギをご紹介! 

1

アコースティック・ギターは長い歴史を持っており、そのほとんどが伝統的な作りになっています。また、定番モデルの形状やサウンドを模したモデルに人気があるため、エレキギターなどと比較して個性的なモデルは少なかったように思います。 ところが近年では、最新技術をふんだんに取り入れた革新的なモデルも増えており、ギタリストたちを驚かせています。 今回は、最新の技術を取り入れたモダンなアコースティックギターを3点… 続きを読む

もしかして故障?エレアコのよくあるトラブルと原因 

3

アコースティックギターをアンプに接続することで大音量での演奏を可能したエレクトリック・アコースティックギター、通称「エレアコ」。 今回はエレアコならではのお悩みと、その原因や解決方法についてをご紹介いたします! 音が出ない… 意外と多くお問い合わせをいただくのがこの症状。原因はいたって単純で電池切れであることがほとんどです。エレアコのピックアップの場合、駆動にバッテリーを使用することがほとんどです… 続きを読む

合板or単板 かんたんな見分け方はコレ! 

1

アコースティック・ギターのサウンドを決める大きな要素であるボディ材。一枚板で作られる「単板」と何層かに木材を積み重ねて作る「合板」があり、一般的には単板の方が音が良いと言われ、高価なギターに使われることが多いですよね。 今回は、ボディのサイド/バック材が合板か単板かを見分ける超かんたんな方法を紹介します! 単板のギター サウンドホールからボディのサイド材を見た際に薄い木が縦に貼り付けられていれば「… 続きを読む

ピンが抜けない…!?アコギ弦交換のお悩みを解決! 

1

アコギの管理には必ず覚えておいたほうがいいメンテナンス「弦交換」。 錆びた弦ではギターは本来の音色を出せませんし、フレットの摩耗も多くなってしまいます。 今回はそんなアコギの弦交換の際のちょっと困った事例とその解決方法を紹介します! ブリッジピンについて スチール弦を使用するフォークギターの場合、ほとんどのモデルがブリッジ部分で弦を保持する「ブリッジピン」を使用します。 これを使うことで取り付けた… 続きを読む

アコギ用サドル材の違い / 音質と特徴 

3

アコースティックギターはエレキギターと違い、アンプやエフェクターでの音作りができず、音質を変化させるのは中々に困難です。 しかし、ペグの種類やナット&サドルの素材、フレットの変更など、直接弦と触れるパーツを交換することで大きな変化を与えることが可能です。 今回はそんな中から、代表的なサドルの材質について紹介したいと思います。 プラスチック・サドル こちらは比較的安価なギターに取り付けられている樹脂… 続きを読む

アコギ音質の決め手!サイド/バック材の違い 

アコースティックギターの音質には、使われている木材の種類やボディ内部のブレーシングの形状、サウンドホールの大きさなど、様々な要素が関わっています。 今回はサイド/バック材の違いにスポットを当てて定番のモデルで比較してみましょう。 Martin 000-28 マーチンの中でも定番モデルとされる28シリーズ。 やや小さめのボディで抱えやすく、ドレッドノートでは大きすぎるという方や女性にも高い人気を誇り… 続きを読む