ポイントアームは見た目以外にも役割があります 

フルートのポイントアームと聞けば、上位機種の仕様だったり見た目がスタイリッシュになるので綺麗!などなど、様々な印象をお持ちと思います。 では、その役割は?と問われると、うまく説明できなかったりしませんか?? 今回は見た目だけではない役割をご紹介したいと思います! ポイントアームとフラットアーム フラットアームは、カップの側面にアームが取り付けられており、低価格帯などによくみられる仕様です。 ポイン… 続きを読む

【シングルリードのお手入れ・保管方法】お気に入りの1枚を長持ちさせるには? 

先日、『SILVERSTEIN REED CURE』という商品をお売りいただきました。 こちらの商品は、リードの脈管構造のストレスを取り除くことで、使用後のリードをより良い状態で保ち、長持ちさせることができる、殺菌・消臭も可能な世界初のリードケースです。 こんなに便利なものがあるのか…!と驚きつつ、もしかすると演奏後のリードの扱い方をご存知ない方もいるのでは?と思い至り、今回はリードのお手入れにつ… 続きを読む

木管奏者 必見!~革製リガチャーの魅力~ 

Qsicでは楽器本体だけではなく、マウスピースやリガチャーなども積極的に買取させていただいております。 マウスピースはもちろんですが、リガチャーも素材や形も様々で、取り付け方ひとつとっても音色や吹奏感に大きく影響するとても重要なパーツでございます。 当店ではリガチャーの販売をおこなっておりますので、気になるものがございましたらぜひ店頭でお試しください! 今回の豆知識では、たくさんの種類がある中から… 続きを読む

クラリネットの音程補正に!バレルの効果 

気温や湿度が高く、夏の訪れを感じるような日も増えてまいりました。 管楽器を演奏していると、暑い日は音程も上がってしまい、悩みが増える季節かと思います。 そんなとき、皆さんはどのように対処していますか? 「ジョイント部を抜く」「口の中を広くして音程を下げる」など… 色々と試されてきたことと思いますが、「バレルを変えること」もご検討されてみてはいががでしょうか? バレルとは クラリネットを組み立てたと… 続きを読む

金管楽器はミクロの世界 

買取をさせていただき際に、ちゃんと動作しているか凹みはないかなどたくさん見させていただきますが 稀に全く動かないトランペットのピストンやホルンのロータリーがあります。 長いこと押し入れにおいてたから、汚れが溜まってるのかもしれないです(汗)とお話しいただくこともありますが、 実は突然動かなくなることもあるのです。 さっきまで動いてたのに!と焦ってしまいますよね。 今回はその原因についてご紹介してい… 続きを読む

凹みができても治せば完全に元通りになる・・? 

管楽器は形が真っ直ぐだったり、大きさが決まっていたりしていないため、いろんな形があり気を抜くとすぐぶつけてしまったりしますよね。 気をつけていてもぶつけちゃった!っていうこともあり小さな凹みを作ってしまいます。 凹みを治せば問題なし!と思ってしまいますが、実は形状が戻ってももとに戻らないものもあるのです。 今回は、凹んでしまったときに起こる管体の変化についてご紹介いたします! 凹みができたときの管… 続きを読む

【管楽器の音程の変え方】トランペットの音程は8つ!? 

  以前、[木管楽器と金管楽器の違いについての記事]で、「両者の違いは発音機構にある」とご紹介いたしました。 実はそれだけではなく、「音程の変え方」にも違いがあるのです。 管楽器は、その名の通り管状になっている楽器で、その管を長くしたり、短くしたりして音程を変化させます。 では、それぞれどのように管長を変化させていくのでしょうか。 木管楽器 木管楽器は、管体にあけられた音孔を開閉して音程… 続きを読む

このボタンみたいなのは何?? 

買取でお持ちいただいた際に、モデルの特定のためじっくりと楽器を見させていただくのですが 同じモデルでもマイナーチェンジをおこなっているものもあり、○世代目のトランペットまで特定するのはかなり大変です。 その見分けのポイントになるのがこのボタン。 位置や数によって見分けることもできるのです。 今回は、その「ボタン」の役割をご紹介いたします。 「ボタン」の正体は。。 このボタンは、「カニ目」と呼ばれて… 続きを読む

管楽器のモデル名・シリアルナンバーはどこにある? 

楽器を事前に査定させていただく際には、楽器のモデル名を必ずお伺いしています。 様々な理由で楽器や機材をお売りいただいておりますが、中には「ご自分の楽器ではないためにが、どこにモデル名が書かれているか分からない」というお問い合わせもございます。 特に管楽器はプリントやシールに表記されているわけでもないため、見つけにくいのではないでしょうか。 今回は管楽器のモデル名(製品番号・品番)とシリアルナンバー… 続きを読む

ギネスに登録されるほど演奏が難しい木管楽器とは・・・ 

最近、買取させたいただく頻度が上がってきた楽器なのですが、私が吹奏楽部で楽器決めの時にほとんど音が鳴らせず難しいなと感じていましたが、修理をする身になり改めて難しさを感じています。 調べれば調べるほどなんて難しい楽器なんだと思ったのでご紹介させていただいたいなと思います! その楽器は・・ 17世紀頃、フランスにて誕生し「大きな音の木」や「高い音」などの意味を持つオーボエです。 オーケストラのレベル… 続きを読む