【製造年を見分けるポイント~Fender編~】 

シリアル

「この楽器の製造年はいつですか?」というお問い合わせをよくいただきます。 確かにどこを見れば楽器の製造年を特定できるかイマイチわかりませんよね。 メーカーによって製造年を特定する方法は様々ですが、今回は60~70年代のFender製ギターやベースはどのようにして製造年を見分けるかについて書かせていただきました! シリアルナンバー まずはネックジョイントプレートやヘッドに刻印 or 記載されたシリア… 続きを読む

ライブで大活躍!人気のショルダーキーボード・現行モデル3選! 

ショルダーキーボードは、ギターのようにストラップで肩からかけて演奏するキーボードです。 「ショルキー」と略されることが多く、ライブでのパフォーマンスがグッと上がるため、小室哲哉氏をはじめ、多くのプロが使用しています! 浅倉大介氏は現在も「YAMAHA KX5」を愛用されており、ギターとのソロの掛け合いなどは圧巻です!(正確にはKX5は外部音源を用いて演奏するMIDIコントローラー仕様です^^) 今… 続きを読む

知る人ぞ知る懐かしアンプ紹介!~Vol.3~ 

1-_MG_7784

久しぶりのこのテーマでの投稿となります。 前回が2019年12月ですので、まずまずの更新頻度でしょうか?! さて、今回は個人的に非常に懐かしいアイテムが入荷してまいりましたのでそちらのご紹介をさせていただきます。 「YAMAHA VA-5」 でございます。 ぼんやりとした記憶を辿り、(発売は恐らく90年代半ばぐらいだったかな)と、調べてみました。 すると、記憶の通り1995年のカタログから掲載が始… 続きを読む

【入荷特報】希少品!限定生産のオールローズウッドのテレキャスタータイプ/momose MTL-AR/LF 2005年製入荷! 

momose MTL-AR/LF 2005年製 今回はFender製ではないですが、オールローズウッド・テレキャスター(タイプ)が入荷しています。 国産のオールローズといえばFender Japan TL69-98 All Roseが有名ですが momoseも限定生産で何度か製造しています。 今回入荷したのは、momose MTL-AR/LF 2005年製 ボディ材に使えるほどのサイズのローズウッ… 続きを読む

スネアドラムのシェル素材による音の特徴 ~メタルシェル編~ 

スネアはドラムセットの中でもひときわ存在感の大きな音色で、ドラマーの個性が出やすい楽器です。 今回はメタルシェル(金属胴)に絞ってサウンドの特徴などをご紹介していきます。 スチール(Steel、鉄) メタルスネアの中でもっともオーソドックスなのがスチールです。 明るくストレートにヌケる音色で倍音やサスティーンも豊かでボリュームも十分。 ハードロックやメタルなどの激しいジャンルはもちろん、ジャンルを… 続きを読む

『エフェクター弾き比べ』 ~BOSS DS-1シリーズを比較してみました~ 

エフェクター弾き比べ~DS-1シリーズ~①

数あるエフェクターブランドの中でも、世界的に定番であるBOSS。 初めてのエフェクターはまずBOSSで!という方も非常に多いかと思いますが、同じジャンルでもたくさんのモデルやシリーズを扱っており、弾き比べようと思うとけっこう骨が折れますよね。 今回注目したのは「DS-1シリーズ」。本シリーズにはDS-1、DS-1Xがありますが、「とりあえず新しい方が良いのだろうか…」「安い方はあまり使えないんだろ… 続きを読む

電装系パーツ交換の悩み!抵抗値について 

control

エレキギターやベースのサウンドに満足がいかない場合、ピックアップの交換やポットの交換、コンデンサーの交換などいろいろと試してみたくなりますよね。アップグレード用のパーツを購入する際、ピックアップの種類によって抵抗値が異なることで、分からなくなってしまう方も多いと思います。今回はそんな方のために、各ピックアップに使用するポット、コンデンサーの基本的な抵抗値を記載させていただきます。 シングルコイルの… 続きを読む

クリップチューナーではだめなの?ペダルチューナーを買う理由 

人類の技術力はすごいもので、時代が進むにつれ、楽器業界でも便利で革新的なアイテムがどんどん登場します。 現在では一般的なアイテムとなりましたが、クリップチューナーも世の中に登場したときは衝撃でした。 ヘッドに挟んで電源をつければすぐチューニングがおこなえるほど「手軽」で、 装着したままでもギターをギグバッグに収納できるほど「コンパクト」で、 さらに、モデルにもよりますが、1,000円前後で購入でき… 続きを読む

最適なイヤホン/ヘッドホン選びのための5つのポイント 

ヘッドホンやイヤホンにも、沢山の種類あります。 スペックの項目の意味を知って、用途や好みにに合ったヘッドホン/イヤホンを選びましょう。 わかりやすいようにレコーディングスタジオの業界標準と言われている、SONY MDR-CD900STを基準にして見ていきましょう。 1.型式 密閉型と開放型があります。 密閉型の方が、開放型に比べて周囲の音を遮断するため、家庭での使用や、大音量のクラブなどでのDJプ… 続きを読む

【入荷特報】未来技術遺産にも登録されたドラムマシン!Roland TR-808 

Roland TR-808 Roland TR-808は、未来技術遺産にも登録されたドラムマシンです。 電子楽器では史上初の快挙!! 1980年から1982年の2年間で約12,000台しか製造されておらず、世界的にも希少なモデルです。 現在出回る多くのドラムマシンにも、TR-808に似た音色が入っていたり、完全に真似をした音源も多数あり、それを使っている方も多いと思います。 それらで本当に満足でし… 続きを読む