【Aria Pro II】シリアルナンバーから読み解く楽器の製造年 

メタリカの2代目ベーシストであるクリフ・バートンが使用していたAria Pro II SB-1000をイメージし製造された「Aria Pro II SB BLACK’N GOLD-I」を買取させていただきました。
80年代前半の短い期間に製造された貴重なモデルで、シリアルナンバーから1982年製と思われる個体でございます。

この様な楽器の製造年に関しましては、お客様よりお問い合わせをお受けすることも多く、皆様も気になるところではないでしょうか。

本ページでは、Aria Pro IIというブランドと、そのシリアルナンバーの読み解き方についてご紹介していきたいと思います。

Aria Pro II とは

1966年頃から「Aria Diamond」ブランドでギターを販売していた荒井貿易が、アコースティックギターとの差別化を図り、1975年に立ち上げたギターブランドです。
発足当初は、FenderやGibsonのコピーモデルが中心のラインナップでしたが、80年代に差し掛かる頃からオリジナルモデルを開発、「PE」「RS」など歴史に名を残す名器を世に送り出しました。

当時はフジゲンと共にジャパンメイドギターの礎を築いたマツモク工業が製造を任されており、その完成度の高さから国内はもちろん海外アーティストにも多く愛用されていました。

【使用アーティスト】

  • 渡辺香津美
  • 松原正樹
  • ジェイル大橋
  • 福山雅治
  • 浅井健一
  • クリフ・バートン(Metallica)
  • ジョン・テイラー(Duran Duran)
  • ルディ・サーゾ(Quiet Riot、Whitesnake)

など(敬称略)

シリアルナンバーの読み解き方

Aria Pro IIはオフィシャルにシリアルナンバーの読み方をアナウンスをしていないため、ここでは通説となっている製造年の見分け方をご紹介します。

6桁のシリアルナンバー

シリアルナンバーの頭2桁が製造年を表します。
(例:76XXXXでは1976年製となります。)

70年代に多く見られる形式ですが、90年代の個体にも稀にこのシリアルナンバー形式が存在するようです。

7桁のシリアルナンバー

80年代の形式で、シリアルナンバーの頭1桁が製造年の1の位を表します。
(例:20XXXXXでは1982年製となります。)

8桁以上のシリアルナンバー

90年代以降に見られ、シリアルナンバーの頭2桁が製造年を表すことが多い形式です。


いかがでしたでしょうか。

「欲しいこのギターは何年製?」
「自分の楽器はいつ生まれたんだろう?」
というときに本ページの情報がお役に立てば幸いでございます。

ベース、ドラム、アクセサリ担当:前田

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。
コメントは承認後に公開されます。