ギターとベースの間の子、BASS VI! 

ギターよりも大きくてベースよりも小さい、そして弦が6本、、 今回はちょっと不思議なFender Bass VIをご紹介します。 Fender Bass VIとは 1961年から1975年まで発売されていたFenderのエレキ”ベース” 翌年に発売されるジャガーにパーツやデザインが非常に近く実は兄貴分的なモデル。 弦が6本張られており、チューニングはギターの1オクターブ下(E,A,D,G,B,E) … 続きを読む

小ちゃいベース、ショートスケールベースの魅力 

エレキベースは弦長が34インチ(864mm)のロングスケールと呼ばれるものが一般的ですが、 30インチ前後のショートスケールというものも存在します。 ただボディサイズが短いだけではない、ロングスケールとは違う魅了があります。 今回はショートスケールベースの特徴などをご紹介します。 1.プレイアビリティ 当たり前だがスケールが短いため運指がロングスケールに比べ楽に弾けます。 スケールに合わせてボディ… 続きを読む

大口径シンバル、入ってます! 

この間、はじめて路上ライブをして手が真っ赤に日焼けたドラム&ベース担当の前田です。 まだ梅雨前とはいえ日差しには油断大敵、日焼け止めはしっかり塗りましょう。 さて今回は、最近大きなサイズのシンバルの入荷が重なりましたので在庫品を3枚ご紹介してみようかと思います。 近年、人気が高まってきている大口径シンバル、ライドで大きいものは24インチなんてものもあります。 (一般的なライドは20インチ)… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その5  

ご覧いただきありがとうございます。中古楽器専門店QSIC ドラム、ベース担当の前田でございます。 最大10連休という巨大ゴールデンウィークが去り数日立ちましたが皆さんのお仕事は通常運転に戻りましたでしょうか?我々のような販売業なんかはこういったときが書き入れ時でしたのでようやく一息、といったところでございます。 さて、今回もベース弦のレビューを3つ用意しておりますので御覧ください、どうぞー! R … 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その4  

春は新しいことをはじめる季節。ということでベース弦を普段とは違うものに変えてみよう!平成最後のベース弦レビュースタートです。 DR HI-BEAM   U2のアダム・クレイトンやBlack Sabbathのギーザー・バトラー、ヴィクター・ウッテンにかつてはマーカス・ミラーの使用でも有名なDR STRINGS。ハンドワウンドにこだわる確かなクォリティでギター、ベースともに国内外に愛用者が多… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その3  

ベース弦レビュー第3回みんな大好きステンレス特集。 ニッケルよりも固くバキっとしたサウンドで人気のステンレス弦。今回はその中から3種ご紹介します! DADDARIO EPS165 ProSteels Bass 大定番”ダダリオ”さんのステンレス弦。ラインナップ中で最もブライトで磁力特性に優れたシリーズです。 サウンド:非常にブライト、ギンギンとしたハイが特徴的ですがローからハイまでバランスのとれて… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その2 

早いものでもう2月が終わろうとしています。恐ろしい!と震えている前田です。 前回同様、個人的なベース弦レビューの第二弾。今回は James Jamerson、Steve Harris、Pino Palladino、John Richard Deacon等が張っている表面が平らな弦。フラットワウンド3種のラインナップです。 DADDARIO ECB81 Chromes Bass 弦メーカーの大定番”… 続きを読む

個人的ベース弦レビュー その1 

皆さん、あけましておめでとうございます。Qsicドラム担当の前田です。 お正月気分も抜けてきてそろそろ通常運転で頑張ってまいります! さて今回の記事ですがドラム担当にかかわらずベース弦についてです。 というのもベース弦を試すのが好きでして、わたくし。 何回かに分けてレビューを書いていきたいと思います! DADDARIO EXL165 Nickel Wound Bass ギター、ベース問わずの定番弦… 続きを読む

ドラムスティックについて考える~形編~ 

どうも皆さんこんにちは、ドラム担当の前田です。 だんだん寒くなってきたところでスティックのお話の続きを、、 前回は素材の違いによる特性でしたが今回はチップなどドラムスティックの形についてご紹介します。 チップの形状 スティック先端のことをチップと呼び、さまざまな形状がありサウンドや打感に影響の大きい部位です。 ボール型:丸い形をしていて打面との接触面積が最も小さく叩き方による差が少なく音の粒が揃い… 続きを読む

ドラムスティックについて考える~素材編~ 

ドラマーにっとて必要不可欠な機材、ドラムスティック。 ライブハウスやリハーサルスタジオには、ドラムセットからペダルまで借りれるところがほとんどなのでスティックさえ持っていれば演奏が可能です。 逆になければドラムが叩けない、そんな最重要機材(笑)の素材を紹介したいと思います。 ドラムスティックは主に木材で作られており、サウンドは素材、チップの形状、長さや太さで変化します。 短く細いものはコントロール… 続きを読む