弦のパッケージに書いてある数字の意味って? 

ギターやベースの弦には沢山の種類があり、ブランドから弦の素材まで様々。 初心者の頃に、楽器屋さんの弦コーナーを見てびっくりした方も多いのではないでしょうか。 さて今回は弦のゲージのお話。 下の写真に写っている弦ですが、パッケージはほとんど一緒なのに全部違う品番。 どこが違うかというとゲージ、弦の太さが違います。 よく見るとパッケージ右に書いてある09/42や10/46という数字が違います。 これが… 続きを読む

買って後悔、買わずに後悔って結局どっちがいいの? 

突然ですが皆様は、楽器を買ったり買わずに後悔した経験はありますか? タイトルにもある「買って後悔、買わずに後悔って結局どっちがいいの?」ですが、いきなり結論を書くと 「こと楽器に関しては買って後悔の方がいい」 という記事になっております。 ※私の個人的な見解や主観でございます。あくまで参考としていただけますと幸いです。 楽器の値段は年々上がり続けている 私自身は楽器をはじめてから15年ほど経ちまし… 続きを読む

焼いた木!?ローステッドメイプルとは 

こちらは先日入荷した、長野県を本拠地とする老舗「Deviser(ディバイザー)」が展開するBacchusのジャズベースモデルですが、どこか見た目に違和感が、、、 そう、ネックと指板のメイプルが茶色くないですか? これは茶色く着色しているのではなく、一般的に「ローステッドメイプル」と呼ばれる加熱処理したメイプル材の素の色なのです。 このローステッドメイプルをはじめとする「サーモウッド」は、Sagoが… 続きを読む

キックペダル調整の基礎知識 

ドラムの演奏においてビートの要となるバスドラム。 そのバスドラムを打つキックペダルは足で操作するため、少しのセッティングの違いで大きく踏み心地が変化します。 この調整が自分にあっていない状態だと、ペダルが重くてモタったり、逆に突っ込みすぎてしまったりと不安定な演奏になってしまうことにも繋がります。 マイペダルを持っている人はもちろんですが、スタジオなどの常設のペダルを使う場合にも踏みにくいと感じた… 続きを読む

人気のヘッドフォンアンプamPlugがスタックアンプに!? 

先日ご紹介したヘッドフォン・ギター・アンプのベストセラー「amPlug2」。 現在では定番の機材となっておりご存じの方の多いと思いますが、そのamPlug専用のキャビネットがあるのは知ってる人が少ないのでは? バックナンバー:自宅練習の強い味方!「VOX amPlug2」とは 今回はそんな「VOX amPlug2 Cabinet」をご紹介していきたいと思います。 おさらい~ 「VOX amPlug… 続きを読む

自宅練習の強い味方!「VOX amPlug2」とは 

エレキギターやベースを自宅で練習しようと思うと時間帯や住環境によっては、 アンプのヴォリュームをかなり絞ったり、アンプに繋げず生音で練習しなければいけないなどいったお悩みがあり、実際に店頭でもこれからギターをはじめるお客様から自宅での練習でご近所に迷惑をかけないかを心配する声も多く耳にします。 そんなときにおすすめなのが、ジョン・レノンやジョージ・ハリスン、QUEENのブライアン・メイなどが愛用す… 続きを読む

復活を遂げたなにわのドラム魂! 

早いもので2021年も残り半月。 年末の整理時期ということもあり、当店ではありがたいことに多くの楽器を買取させていただいております。 入荷した商品は続々と販売サイトへの掲載しておりますのでお楽しみに。 こちらは先日入荷したSAKAE Axelandorのツインペダルモデル。 真円から偏心まで3段階に調整可能なマルチ・アクセル・カム・システムや、着脱可能式ヒール・システムなど独自のメカニズムをふんだ… 続きを読む

スナッピーにまつわる豆知識「紐派?テープ派?」 

ドラマーがドラムセットの中で最もこだわる楽器と言えばやはりスネアドラムですね。 ライブや練習のときもスネアとペダルは絶対に持ち込むという方も多いのではないでしょうか。 スネアドラムの最大の特徴と言えば、裏面に取り付けられたスナッピー(国外では”Snare Wire”と呼ぶのが一般的なようです)。 スナッピーとは、細いコイル状の金属線が数10本合わさったもの。 これを装着することで少し歪んだような「… 続きを読む

もうすぐ40周年を迎えるモダンベースの雄「Warwick」の歴史 

こちらは先日買取させていただいた、1990年のStreamer Stage Iを再現した特別モデルでございます。 メイプルのボディとネックに指板はエボニー、ピックアップにはバルトリーニを搭載。 現行品よりもボディは薄く、ワーウィックらしくもオープンな鳴りを持った一味違った1本ですので、ぜひこの機会にお手にとってみてください。 そんなWarwickが、来年2022年に創業40周年を迎えます。 ここ最… 続きを読む

最も有名なシンバル”Zildjian”の歴史 

先日店頭にて、シンバルをごっそり入れ替えたのでしょうか、大量のシンバルをまとめて買取をさせていただきました。 なんと、そのほとんどがZildjian(ジルジャン)シンバル! Zildjianといえば、SABIANと並んで打楽器奏者以外にも幅広く知られている最も有名なシンバルメーカーで、著名な愛用者もここでは挙げきれないほどです。 そんな皆さんご存じのZildjianですが、その歴史は1600年代と… 続きを読む