4000シリーズで一番人気の4003! 

今回はRickenbackerベースの中でも一番人気の「4003」についてご紹介させていただきます!

4003とは

4003-1
4003は4001の後継機種でRickenbackerベースの中でも最もスタンダードなモデルですが、当時は4001のトラスロッド強化モデルとして発売されました。
というのも当時フラットワウンド弦よりも張力の強いラウンドワウンド弦が主流になりつつあり、ネックが弦の張力に負けないように改良が加えられました。
トラスロッドが2本埋め込まれているという他のベースではあまり見ない仕様で、2本ロッドがあることで順反りや逆反りだけではなく、ネックのねじれを修正できるようになった
というのも画期的ですね!

特徴

ポール・マッカトニーをはじめ多くの有名ミュージシャンが愛用したことが追い風となり、4000シリーズは世界的に広まることとなります。
独創的なボディシェイプで爆発的な人気を博し、ロックベースの定番として今なお定着している4003。
ルックスはもちろんのこと、他のベースでは出せない唯一無二のリッケンベースサウンドも、数多のベーシストを虜にしてきた所以ではないでしょうか。
指板のトライアングルインレイも、一際目を惹くかっこいい仕上がりとなっております。

サウンド

ハイゲインピックアップを搭載しており、硬質で音の立ち上がりが早いという点が4003の特徴であり魅力です。
また、音抜けもよくアンサンブルでもその存在感は失われることなく音が前へ前へと出てくるので、ベースの音が埋もれて悩んでいるベーシストの方は一度4003を試してみても良
いかもしれません!
個人的な好みとはなりますが、ピックで弾いたサウンドは現代のロックにもベストマッチなのではないかと思っています^^

まとめ

フェンダーのジャズベース、プレシジョンベースに比肩する定番モデルとなった4003は、今なお多くのプレイヤーに愛されている銘器です。
RICK-O-サウンドアウトプット(ステレオアウト)を搭載するなど個性的な仕様も魅力ですね!(あまり使うことはないかもですが。笑)
Rickenbackerベースを手に取ったことがない方には是非とも一度そのサウンドを体感いただきたいモデルですので、店頭に在庫がございましたらお気軽にご試奏ください!

 

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*