【OCDシリーズ比較!オリジナルとGeの違い】 

OCDと言えば、多くのギタリストが愛用するオーバードライブの定番モデル。プロの愛用者もかなり多く、長年の人気を誇る名機です。

2019年秋、そんなOCDシリーズに「OCD-Ge」という新モデルが加わったのをご存知でしょうか。
通常のラインナップとは異なるFulltone Custom Shop製で、オリジナルのOCDより高品位なモデルとして登場したペダルです。

そこで気になるのは、やはりオリジナルとGeではサウンドがどう異なるのか。
今回は2つのOCDの違いについてご紹介いたします。

オリジナルOCD


まず、オリジナルOCDの特徴をまとめましょう。
その魅力は何と言っても、チューブアンプのような迫力ある音圧
倍音が非常に豊かで、低域から高域までしっかり出力されます。
ピッキングニュアンスへの反応も良く、Roland JC120のようなトランジスタアンプで真空管サウンドを作るには最適な1台と言えるでしょう。

余談ではございますが、オリジナルにもいくつかのバージョンが存在します。
どのバージョンでも同様の特徴を持ちますが、それぞれでEQのバランスが若干異なります。
バージョンによる音色の特徴や、バージョンの見分け方は以下のページでご紹介しておりますので、ご一読ください。
https://gakkikaitori.com/url/d7

OCD-Ge

最大の特徴は、希少なゲルマニウムダイオードの採用による高解像度な音質
音像がはっきりしているため、コード感などを素直にアウトプットしてくれます。
また、オリジナルと比べると全体の音域がすっきりして落ち着いており、コンプレッションも若干加えられております。
もちろん、アンプライクな歪みの質感などはしっかり感じることができ、迫力も十分。
それでいて、トータルとして上品なサウンドに仕上がっております。

印象としては、近い特性は持っているものの、オリジナルとは異なるサウンドだと感じます。
「OCDの上位互換」ではなく、別物の歪みであると考えたほうがいいでしょう。


まとめると、オリジナルOCDはワイルドな迫力ある歪み
OCD-Geはハイグレードで上品な歪み
といったところでしょうか。
クランチなどの落ち着いたオーバードライブを作る際は、Geの方が使いやすく感じるかと思います。
しかし、OCD本来の迫力ある倍音感が欲しい場合には、オリジナルをおすすめいたします。

どちらもチューブライクな迫力は持っており、甲乙つけがたい名機であることは間違いありません。
同じOCDシリーズではありますが、どちらがお好みのサウンドであるかを見分け、自身に最適な歪みをお選びください。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*