金管楽器・木管楽器はなにで区別する? 

木管

金管楽器と木管楽器はどのように分類されているかご存知ですか? 「金管楽器は金属でできている楽器で、木管楽器は木でできている楽器。」 この回答は△です。木管楽器に分類されるフルートやサクソフォンは現在主に金属でできています。 「フルートは元々は木から作られていたし、サックスも昔は木製だったんじゃ…」という声も聞こえてきそうですが、サックスは唯一発明当初から金属製です。 では、それでは何を持ってこの2… 続きを読む

Paul Reed Smithを一流ブランドにした人物はGibson関係者!? 

PRSのマッカーティを買取させていただきました。 Paul Reed Smith Private Stock #7512 McCarty 594 Graveyard Limited Run Honey Gold with Dark Cherry Smoked Burst “1980年代後半、ポール・リード・スミスは、テッド・マッカーティにギターのデザインと制作技術について相談するように… 続きを読む

音色や吹奏感の要!タンポの正体とは? 

タンポいろいろ

木管楽器奏者の方は、楽器店にメンテナンスへ持っていくと「タンポ交換」という言葉をよく耳にしますよね。タンポって名前のコレは一体どういうものなのでしょう? 今回はその役割、種類をご紹介いたします。 タンポとは? 現在の木管楽器にはボタンのようなものが付いていますが、昔はリコーダーのように細長い管に穴が空いているだけのものでした。 穴をたくさん増やせば演奏できる音程は増えますが、指は10本しかありませ… 続きを読む

【入荷特報】ハイエンド5弦ベースをお探しの方必見!Marleaux Consat Signature 5st がついに入荷 

Marleaux Consat Signature 5st 2019年製 【返品OK】[QH247] 「5弦ベースがほしいけど、どのメーカーにしようか迷っている。」 「せっかく買うなら、品質が高く使える一本がほしい」 「個性的なルックスで、他とカブらなければ尚よし」 そうお考えでしたら、今回ご紹介するMarleaux Consat Signature 5stは候補にぴったりでしょう。 Marlea… 続きを読む

Gibson バースト、1959 Les Paul リイシューの父、Tom Murphy(トム・マーフィー) 

ギブソンがお好きであれば必ず名前を知っているトム・マーフィー。 彼の略歴を調べようとしてもなかなか情報は出てきません。 “ヒストリック・レス・ポールの初代ペインター(フィニッシュ担当)であり、エイジングのパイオニア、ヴィンテージ・エキスパートでもある、トム・マーフィー氏” とGibson.jpの製品紹介アーカイブに文章が載っていますが、日本人ギタリストの多くの方が「なんかギ… 続きを読む

【入荷特報】ヒスコレを超えるビンテージの再現度と楽器としての完成度 Gibson Custom Shop True Historic 1958 Les Paul Standard Murphy Aged Green Lemon Fadedが堂々の入荷! 

Gibson Custom Shop True Historic 1958 Les Paul Standard Murphy Aged Green Lemon Faded Gibson Custom Shop True Historic 1958 Les Paul Standard Murphy Aged Green Lemon Fadedを買取させていただきました。 Gibson Custom … 続きを読む

【シングルリード】7割のハズレを当たりにできる? 

削る位置

クラリネットやサックスのリードは1箱3,000円ほどで売られていますが、そのうち「アタリのリードは3割」とも言われています。毎度2,000円以上が無駄になってしまうと考えると、とても悲しい気持ちになってしまいますよね…。今回はその7割のハズレリードを使えるようにする方法をご紹介します。 リードの番号の意味 リードには3や3半(3-1/2)というように数字が振られていますが、そもそもこの番号はどうい… 続きを読む

Gibson黄金期の正式後継者!? 

添付した写真に写っているのは、つい先日入荷したギターなのですが、ご存知でしょうか? Heritage(ヘリテージ)というブランドのギターです。 そしてHeritageはギブソンのカラマズー工場を引き継ぐ形でスタートしたブランドです。 ご存知の方もいらっしゃるでしょうから、こちらでは軽くご紹介させていただきたいと思います。 ギブソン・カラマズー工場について オービル・H・ギブソンはカラマズーでパート… 続きを読む

ドライバー1本でサウンドが変わる!? 

買取させていただいたギターをクリーニングして再調整する際に気をつける点は様々あるのですが、今回はピックアップの高さについて記事でお伝えしようと思っております。 ピックアップの高さはサウンドやリアクションに大きな影響を与えています。 「ミドルの美味しい部分が無くなった。」とご相談を受けてセットアップを行った際は、最終的にはピックアップの高さが大きく影響していました。 お持ちのギターのサウンドに少し不… 続きを読む

お金をそんなにかけなくても音が良くなる秘訣 

アンプ、エフェクター、ギター本体の材質、ピックアップ、エレキギター奏者は選択肢が多い分、なにかと選択を迫られることが多いですね。 同じ音楽ジャンルだったとしてもギタリストの数だけ音色が存在するのが面白いところです。 今回はそこまでお金をかけずにギターの音色を変える方法です。 単刀直入に聞きます。ピックなに使ってますか? 初心者のときになにのピックを使うか、悩んだことを覚えていらっしゃいますか? あ… 続きを読む