演奏動画のクオリティをに差をつける!おすすめアイテムをご紹介! 

近頃の世間の情勢もあって、ご自宅で過ごされる方が多くなったのではないでしょうか。

音楽をされている方は、イベントの自粛が続く中
「演奏動画をサイトやSNSにアップしよう!」
という方もおられると思います。

しかし、
「ビデオカメラのマイクの音では満足できない」
「撮った映像をパソコンに取り込んで、アップするという作業が面倒だ」
ということは多くの方が思うところでしょう。

そんなときはスマホを使って、サクッと動画をアップしてしまいましょう!

最近のスマホはカメラやマイクの質も高く、加工アプリも充実していますので映像も音声も綺麗にアップすることができます。

今回は、演奏動画のアップを、スマホでおこなう際に便利なアイテムを、いくつかご紹介いたします。
これらを使えば、他より一段高いクオリティの動画がアップできます!

アイテムその1 :スマホにつけるだけ!高品質コンデンサーマイクSHURE MV88

スマホのマイク性能が上がったとは言え、やはりコンデンサーマイクにはかないません。

こちらは、iPhone/iPadなどの、iOSデバイス用のコンデンサーマイクです。
デバイスに接続し、音声の方向に傾けるだけで、繊細なステレオサウンドの収録が可能になります。

狙った音をしっかりと高音質で拾ってくれるのは、さすがはShureといったところ。

さらに、ShurePlus MOTIVというアプリを使えば、指向性、インプットレベル、イコライザー、リミッター、コンプレッサーなどが調節できます。
高音質のみにとどまらず、積極的なサウンド作りまでおこなえる徹底ぶり。

軽くて小さいので、持ち運びも簡単。
接続後、すぐに使うことができるという手軽さもポイント!

アイテムその2:コンデンサーマイクをすでにお持ちの方には特におすすめ!IK Multimedia iRig pro I/O

ポケットに入るほどコンパクトな高機能インターフェース。

こちらもiPhone、iPad、Mac/PCなどのiOSデバイスで使うことができます。

2本の単3乾電池で動作し、同時に48Vファンタム電源をコンデンサー・マイクに供給することができます。

アプリのiRig Recorder 3 for iPhone/iPadを使って手軽に高音質録画が可能です。
もちろん、楽器の接続にも対応しています。

モニタリングも可能なので、より細かいボリューム調整も可能。

アイテムその3:複数の楽器を同時に高音質録音!Roland Go Mixer Pro

弾き語りや一人バンド演奏など、ハイレベルな動画をアップしたい場合は、こちらがおすすめです。

小型のミキサーのようになっており、
入力:9チャンネル/出力:2チャンネルで、
楽器用、マイク用コンボ端子、オーディオプレーヤー用のインプット端子もあり、いたれりつくせりです。

弾き語りの場合、コンデンサーマイクで声を、ラインでギターを同時に録音することができ、声も楽器も高音質でアップすることができます。
モニタリングもできますので、最適な音量バランスの設定も可能。

「4XCAMERA」というアプリを使えば、様々な楽器を使った一人バンド演奏の動画が、簡単に作ることができます。

これらの機材を駆使して、ワンランク上の演奏動画をアップしてみてはいかがでしょうか?

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*