Fender Japan STCL-100(ストラトキャスター型のエレガット) 

Fender Japan STCL-100

じつは先日、レアなギターが入荷していました。

Fender Japanのストラトキャスターのボディシェイプのエレガット。
ボールエンド付きのガット弦を張るモデルです。
生産完了品ということもあり、中古市場でプレミア価格がついています。
正直なところ購入を真剣に悩みました。
(やはり悩んでいる間に即売約となりました。)

製品の特性上どちらかというと普段エレキギターを弾く方が欲しくなるギターなのかと思います。

ガット弦にもかかわらずアーム付き!
実用的ではないデザインですが、ストラトの形をしているので付いていてほしいような気もする…。
ファン心理をよく理解しているブランド、さすがフェンダーです。

ジャックはボディの裏に配置されています。

音はマイク・クリスチャン製ピエゾサドルで拾います。

ソリッドギターの厚みなので抱えやすいのが嬉しいポイント。
ナチュラルなナイロン弦のサウンドがエレキギターのプレイアビリティで扱えるのがこのギター。
42mmのナット幅、広めの幅のフレット、21フレットまでの音域をフルで使えます。
324スケール、指板Rは400R
ゴトーのペグが搭載されていました。
エレガットなのに各弦の高さを調整できてオクターブチューニングもできるのは大きな利点でしょうか。
なによりもハウリングの心配がない。
ボディ割れの心配なくガットギターの音色が出せる。

個人的な見解ですが、かなり宅録向きですね。
もしかしたら、数量限定で再生産されれば当時よりも多くの人のニーズを満たすのではないでしょうか。

軽くサウンドを

当然(!?)イングウェイ好きの方も見ていらっしゃるでしょうからこちらもご査収ください。

素晴らしいギターでした。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*