このモデルには付いてないの?~「JAZZ CHORUS」微妙に違います~ 

5-_MG_9981
今ぐらいの季節になりますと、学生さんたちは、ぼちぼち進路が決まる頃でしょうか。
進学されるタイミングだからだと存じますが、新たに楽器を始めようと思っておられる方や、機材をグレードアップしようと思っておられる方のご来店が増えるような気がいたします。

そして、様々商品を検討される際にご試奏いただく訳ですが、そんな時に活躍するのが定番の「JC」、ジャズコーラスでございます。

どこのレンタルスタジオにも置かれていると言っても過言ではない定番中の定番、日本が世界に誇る名アンプでございますので、音の良し悪しを測る基準として信頼をされているからでしょうか。

また、春から新たな環境に臨まれる方は、次に行くところではどんなアンプがあるか分からないという状況の方も「ジャズコはさすがにあるやろ」という事で選択されるのか・・・当店にある試奏用のJCがフル稼働となる事も週末などは珍しい事ではございません。

そんなほとんどのギタリストから全幅の信頼を置かれている(好き嫌いは別としまして)JCでございますが、発売当時からリアルタイムで見続けていない世代には思わぬ落とし穴があったりするのです・・・。

ジャズコーラスに様々な種類がある事はほとんどの方がご存じかと思いますが、全ての種類を覚えてらっしゃる方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。

現行品以外にも過去に作られていたJCシリーズもございます。
そして、非常に壊れにくい事で有名なモデルという事で、いまだに現役で使われている個体も多いのでございます。
レンタルスタジオなどでは、それこそ30年以上使われているようなモデルもあるかと思います。

そんなケースで、落とし穴があったりします。

初めていくレンタルスタジオや、ライブハウスのアンプ設備は皆さん確認されるでしょうか。
ある程度確認されたとしても、「JC-●●」まで確認されない人もいらっしゃいませんか?かくゆう昔の私は確認しないタイプでした・・・。

「あぁ、ジャズコあるやん。大丈夫やな。」

そして、当日、練習に行ってみると・・・
「あれ?これSEND/RETURNついて無いやんか・・・」
と言うはめになったり、他のギタリストが言っていたり(笑)

JCというだけで、サイズは違ったりしてもスペックは全部同じだろうという思い込みがあったりしませんか?
若かりし頃の私が不注意過ぎた事はもちろんなのですが、そういう失敗をされた人は少なくないのではないでしょうか。(と思いたい)

もうお分かりだと思いますが、種類によって微妙に仕様が違うのです。

チャンネルリンクが使えるのは、「JC-120、JC-160」だけ。
01-_MG_1360

SEND/RETURNが使えるのは、「JC-120、JC-85、JC-90、JC-40、JC-22」だけ。

04-_MG_1364
使えないのは、「JC-60、JC-160、JC-80、JC-50、JC-77、JC-55、JC-20」これだけあります。

他にも細かな違いがあり、全て同じように使える訳ではないのでございます。
種類が多いシリーズだけに、
「今度行くスタジオにはどのJCがあったかな?」
というのを調べておくことをオススメします。

スマフォで少し調べるだけで、ジャズコーラスの仕様ならすぐに分かると思います。
また、場合によってはスタジオのアンプを入れ替えてもらえたり、部屋を変えてもらったりも出来ますしね。
この記事が新生活での音楽ライフの参考になれば幸いでございます。

アンプ・ドラム担当:土内

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*