【入荷特報】マスタービルドの中でも評価が高いCarlos Lopezの名を冠したFender CS 59 Telecaster Custom Relic が奇跡の入荷 

Fender Custom Shop 59 Telecaster Custom Relic by Carlos Lopez

Fender Custom Shop 59 Telecaster Custom Relic by Carlos Lopezを買い取りさせていただきました。

演奏性、サウンド、ブランド価値、全て大会レベルで備えるFendere Custom shopのマスタービルダーシリーズ。
Master Built シリーズは過去にも何度か取り上げてきましたが、今回はCarlos Lopez氏のもの。

Carlos Lopez

フェンダー・カスタム・ショップのマスター・ビルダーとしては、12人目となります。

2006年にミュージシャンズ・インスティテュート・ギター・クラフト・プログラムを卒業。
その後、フェンダーのアッセンブリー・ビルダーとして採用されました。
2007年にカスタム・ショップに昇格。
チューニング・テスト、レリック、フレットワークなど、ショップのほぼすべてのポジションを経験し、フェンダー・カスタム・ショップの仕事をほぼすべて経験している。
その後8年間をチーム・ビルト部門で過ごし、マスター・ビルダーをサポートした。

2017年には、トッド・クラウスの下でマスタービルダーとしての仕事を学びます。
その際には、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ロビー・ロバートソン、ケニー・ウェイン・シェパード、ロビン・トロワーとの仕事に関わっています。

2019年、正式にマスタービルダーになってからは、ダブルネックのマローダーやVirginia Stratocasterなどフェンダー・カスタム・ショップの中でも、最も豪華な製品のブレーンでした。

テレキャスの歩み

こちらのモデルは、59 Telecasterですので、59年までの歩みをざっと見てみましょう。

フェンダーは、1951年初頭にテレキャスターを発表。

当時、公式に発表されたときは「ボートのオール」や「雪かきスコップ」と揶揄されていたほどに、人気がないものでした。
その特徴のいくつかは、フェンダーが1945年からすでに製造していたハワイアンスチールギターから引き継がれています。
例えば「灰皿」ブリッジカバー、クロームノブ、クルーソンチューナー、ブリッジとブリッジピックアップが一体化したユニットなどです。

50年代半ばまでに、テレキャスターはロックンロール、R&B、カントリーのギタリストたちの独創的な手に渡り、彼らのレコーディングにも使われるようになりました。

1950年代を通じてほとんど変更されなかったものの、最初の10年間でいくつかの小さな変更が加えられています。
ピックガードの色が 1954年に黒から白に変更。
ピックアップセレクタースイッチの先端が1955年にオリジナルの丸型から「トップ ハット」型に変更。
1958年には追加料金5%で、カスタム カラー仕上げで入手可能になりました。
そして1959年、バインディング ボディとローズウッド指板を備えたカスタム テレキャスターが導入されました。

確かな技術を持つCarlos Lopezが作り上げた、最高のギター。
Fender Custom Shopという強い信頼性とブランド性も兼ね備えた、価値の高いギターでございます。

ぜひ気になった方はお問い合わせください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Fender Custom Shop 59 Telecaster Custom Relic by Carlos Lopez 【返品OK】[RK497]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。
コメントは承認後に公開されます。