【入荷特報】即戦力のビンテージアコースティックギター Martin D-41が堂々の入荷 

Martin D-41 1974年製

現在では希少になってしまったビンテージのD-41。
Martin D-41 を買い取りさせていただきました。ビンテージと呼べる最後の年、1979年製でございます。

D-41は、現行のモデルも大変人気があり、John Mayer氏がライブで弾いていたことでも有名です。

こちらはそのモデルの1979年製。
日本ではフォークブームの影響もあって、この年代のものは大変人気です。

70年代製造のアコースティックギターとなると、演奏ができる状態にない個体もあるものです。
しかしこちらのD-41はリフレットもされており、プレイコンディションは良好。
外観も使用感が随所に見受けられますが、目立つほど大きなダメージはございません。

そういった点でもおすすめの一本です。

Martin D-41

Martin D-41は、1969年に発売されたモデルです。

当時は「D-45のルックスを持ちながらも、D-45ほど高価にならないように」という名目で開発されました。
また、D-28の高級版といわれることもあります。

しかし後に「D-41だからこそのサウンド」が人気を博し、著名なミュージシャンが愛用するようにもなりました。

サウンドは、Martin特有のキラキラしたサウンドが出過ぎることなく、ブルースやロックのようなジャンルでの力強い演奏にも向いているでしょう。
弾き語りをされる方にもおすすめです。

また、現行のD-41とは違った仕様がいくつもあり、その点でもビンテージならではです。

D-41のビンテージと現行品の違い

仕様ビンテージ現行
インレイ3フレット始まり1フレット始まり
ブレージングストレートブレーシングスキャロップド&フォワードシフトブレーシング
ブリッジラージIRWブリッジ2インチメイプルブリッジプレート
ネックフルプロファイルネックロープロファイル・ネック
トラスロッド3/8 インチ スクエアトラスロッド2ウェイ・アジャスタブル・トラスロッド

 

装飾のみならず、ブリッジのサイズ、ネックの構造とサイズ、、ブレージングまでもが違いますので、この年代にしか出せないサウンドがあるのは確かでしょう。特にネックの太さは、現行のものよりもビンテージの方が太く、演奏性にも違いがあります。

ビンテージのアコースティックギターは、年々手に入りにくくなっており、さらに演奏も十分に楽しめる個体は珍しいので、ぜひ気になった方はお問い合わせください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Martin D-41 1979年製[XH249]
買い取りもおこなっております。この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。買取のご依頼はこちら

——————-

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。
コメントは承認後に公開されます。