【入荷特報】日本を代表するスーパーギタリストの夢が詰まった一本 Gibson CS Tak Matsumoto DC FLAMETOP Cherry Redが奇跡の入荷 

Gibson Custom Shop Tak Matsumoto DC 1PC FLAMETOP Cherry Red

1999年に、日本人として初のレス・ポール・シグネチャ・アーティストに、さらに2011年にはグラミー賞を受賞し、世界にその名を知らしめたスーパーギタリスト、松本孝弘氏。

そんな彼が、実際に使用しているギターを元に製作されたモデル、
Gibson Custom Shop Tak Matsumoto DC 1PC FLAMETOP Cherry Red を買取させていただきました。

こちらは、2006年に150本限定で生産された大変希少なモデル。

フレットすり合わせの歴があり、しっかりと弾かれてきた個体ですが、15年以上の経年を考えますと綺麗な外観かと存じます。

Gibson Custom Shop Tak Matsumoto DC 1PC FLAMETOP Cherry Red

ダブルカッタウェイ、1Pフレイムメイプルトップ、チェリーレッドというデザインのギターは、本人所有では2本あります。
それが、Tak Matsumoto Double Cutaway Prototype TM6001とTM6002。
この2本は、2006年のB’zのライブツアー『MONSTER’S GARAGE』でメインギターとして使われており、同ライブのDVDやBluRayの映像作品でも見ることができます。

今回ご紹介のギターも同じく、ダブルカッタウェイ、1Pフレイムメイプルトップ、チェリーレッド。
シリアルがTM60~で、且つ2006年の発売ということですので、本人所有のTM6001、TM6002を受け継いだギターと言えるでしょう。

ギブソンの伝統的なヘッドストック・シェイプと、左右非対称のダブル・カッタウェイというデザイン。
これは、ギブソン史上初となるデザインで、シグネイチャーならでは。
ケースももちろん、Anvilフライトケースでございます。

松本孝弘氏は10年以上もの間、ギブソンでのシグネイチャーモデルの開発に関わっています。
1999年に、初めてシグネイチャーを作ることになった時に彼は、
「こんなことが起こるなんて信じられませんでした。でも、夢は叶うものなんだ。とても誇らしかったです。」と語っています。

Gibson Legacy Archive

日本を代表するスーパーギタリストの夢が詰まった特別なギターです。
在庫もこの一点限り。
ファンの方には、ぜひ手に入れていただきたい一本。

気になった方はぜひお問い合わせください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Gibson Custom Shop Tak Matsumoto DC 1PC FLAMETOP Cherry Red 2006年製 [NI738]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*