おすすめアコギ用アンプ5選をご紹介! 

エレアコを気持ちよく演奏するためには、やはりアンプは重要なファクターです!
小型なものや、見た目がおしゃれなもの。とにかくサウンドにこだわったものなど、いろんなアンプがありますが、今回はおすすめのアコギアンプをいくつかご紹介いたします!

Roland AC-60

AC60

こちらは超定番のアコースティックギター用アンプです。エレキギター用のアンプの名器「Jazz Chorus」を生み出したローランドが誇る扱いやすいアンプで、様々な演奏スタイルや楽器にマッチします。マイクと同時に入力することもできるため、弾き語りにもおすすめ。リバーブやコーラスなどのエフェクトも搭載しており、一台あればそれだけで上質なサウンドを出力可能です。

バッテリー駆動には対応していませんが、ご自宅や小規模なステージなど、電源が取れる環境でしかアンプを使用しない方にとっては特に問題になりません。

Fishman LOUDBOX Mini

Fishman

こちらはアコースティックギター用ピックアップや、プリアンプなどで有名なフィッシュマンのアンプです。2チャンネルで入力が可能、エフェクトを搭載している点などは上記AC-60と同じですが、こちらはサウンドの押し出し感が強く、比較的パワーのあるサウンドとなっております。ストロークプレイのスチール弦ギターのサウンドなどは特に力強く感じるのではないでしょうか。

画像の個体はリミテッドエディションで、筐体にマホガニーが使われています。かっこいい!

Blackstar Fly 3 Acoustic

Blackstar

本体サイズはW176mm x D102mm x H126mm。なんと重量は900グラム!

これだけ小さく、バッテリー駆動可能なモバイルアンプが便利でないはずがありません!
とはいえ、3ワット出力でスピーカーも小型なアンプなので、流石に前者の2台と比較してしまうとサウンド面では劣ってしまいます。

しかし小さいながらになかなかの音量を出せる上にエコーも搭載しているので、アコギの音量をかさ増しするだけでなく、奥行きのあるサウンドが出せるのも魅力です。
まだ試したことのない方はぜひこの商品で、最近の小型アンプの進化に驚いてください!

Roland Mobile Cube

Mobilecube

こちらはアコースティックギター用ではなく、モニタースピーカーのような特性を持ったアンプとなっています。エレキギターやマイク、キーボードなども接続可能でバッテリー駆動も可能。それぞれでなかなかのクオリティのサウンドを出力します。

もちろんアコースティックギターで使用した場合にも良質な音を出力してくれますし、搭載しているリバーブの音の広がりも非常に気持ちのいいものです。

AUX端子から音楽を流したり、ちょっとした練習用に持ち出したり、一台あるととても便利なアンプです。

AER Alpha Vintage Brown

AER

40W出力の、四角くどこかレトロなデザインが特徴のアコースティックギター用アンプです。見た目はこじんまりとまとまっていますが、出てくるサウンドは迫力もあり、サイズ感を超えた余裕さえ感じさせる、広がりのあるサウンドです。

ドイツらしい秀逸のデザインと、機能性も兼ね備えたモデルですが、少々お値段が張るモデルとなっています。サウンドにこだわりのある方にはぜひお試しいただきたいブランドです!

さいごに

参考になりましたでしょうか?
ちなみに私は「Blackstar Fly 3 Acoustic」を初めて弾いたときには、そのサイズ感を超えた音量に度肝を抜かされました(笑)

みなさんもご自身の楽器や環境にあったアンプを見つけられれば嬉しく思います!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*