合板or単板 かんたんな見分け方はコレ! 

1

アコースティック・ギターのサウンドを決める大きな要素であるボディ材。一枚板で作られる「単板」と何層かに木材を積み重ねて作る「合板」があり、一般的には単板の方が音が良いと言われ、高価なギターに使われることが多いですよね。 今回は、ボディのサイド/バック材が合板か単板かを見分ける超かんたんな方法を紹介します! 単板のギター サウンドホールからボディのサイド材を見た際に薄い木が縦に貼り付けられていれば「… 続きを読む

ピンが抜けない…!?アコギ弦交換のお悩みを解決! 

1

アコギの管理には必ず覚えておいたほうがいいメンテナンス「弦交換」。 錆びた弦ではギターは本来の音色を出せませんし、フレットの摩耗も多くなってしまいます。 今回はそんなアコギの弦交換の際のちょっと困った事例とその解決方法を紹介します! ブリッジピンについて スチール弦を使用するフォークギターの場合、ほとんどのモデルがブリッジ部分で弦を保持する「ブリッジピン」を使用します。 これを使うことで取り付けた… 続きを読む

意外と多いお問い合わせ ~ケースの開け方~ 

1

はじめてギターを購入される場合、ほとんどの方がソフトケース付きのものを購入されるのではないでしょうか。 上達して「もっといいギターを購入するぞ!」となった際、購入後すぐに最初の壁にぶつかってしまうことがあるようです。 そう!ハードケースの開け方が分からないという壁です! 今は開け方をばっちりご存知でも、最初は手こずったという方も多いのではないでしょうか? 今回はハードケースの開け方を画像付きでおさ… 続きを読む

アコギ用サドル材の違い / 音質と特徴 

3

アコースティックギターはエレキギターと違い、アンプやエフェクターでの音作りができず、音質を変化させるのは中々に困難です。 しかし、ペグの種類やナット&サドルの素材、フレットの変更など、直接弦と触れるパーツを交換することで大きな変化を与えることが可能です。 今回はそんな中から、代表的なサドルの材質について紹介したいと思います。 プラスチック・サドル こちらは比較的安価なギターに取り付けられている樹脂… 続きを読む

アコギ音質の決め手!サイド/バック材の違い 

アコースティックギターの音質には、使われている木材の種類やボディ内部のブレーシングの形状、サウンドホールの大きさなど、様々な要素が関わっています。 今回はサイド/バック材の違いにスポットを当てて定番のモデルで比較してみましょう。 Martin 000-28 マーチンの中でも定番モデルとされる28シリーズ。 やや小さめのボディで抱えやすく、ドレッドノートでは大きすぎるという方や女性にも高い人気を誇り… 続きを読む

ギターメーカーの企業努力の賜物「独自技術」をご紹介します! 

ARE

様々なギターメーカーがある昨今ですが、中には聞いたこともないような独自の技術を使って、サウンドを追求しているものも多数存在します。 今回は楽器メーカーがより良い音や使いやすさを求めて生み出した、独自の技術をいくつか紹介します! YAMAHA A.R.E (Acoustic Resonance Enhancement) アコースティック・ギターの重要なポイントは何と言っても鳴りの良さ。AREは短期間… 続きを読む

難読楽器ブランド12選!全部読めたらかなりスゴイかも!! 

8Zakrzewski

音楽は世界共通!日々、様々な国々でいろんな楽器が生み出されています。 そんな中、日本に輸入されてくるものの読み方が難しすぎて楽器屋店員さえも困ってしまうことも…。 今回はそんな読み方の難しいブランドをいくつか集めていましたので、読めるかどうかぜひ挑戦してみてください! 答えは最下部にまとめてあるので、最後に答え合わせをしてみてくださいね! Hughes & Kettner Hughes &… 続きを読む

おすすめアコギ用アンプ5選をご紹介! 

Fishman

エレアコを気持ちよく演奏するためには、やはりアンプは重要なファクターです! 小型なものや、見た目がおしゃれなもの。とにかくサウンドにこだわったものなど、いろんなアンプがありますが、今回はおすすめのアコギアンプをいくつかご紹介いたします! Roland AC-60 こちらは超定番のアコースティックギター用アンプです。エレキギター用のアンプの名器「Jazz Chorus」を生み出したローランドが誇る扱… 続きを読む

ギター弦交換のすゝめ 

1

ギターをしているとどうしてもかかってしまうランニングコストが「弦」です。 切れてしまえば皆さん交換をされるかと思いますが、節約のために切れるまではずっとそのまま使い続ける方も多いかと思います。でも実はこれ…問題がいくつかあって、結果的には逆にコストが掛かってしまうかもしれません! 音質の問題 そもそも弦がサビてしまうと、音が悪くなってしまいます。エレキギターで歪ませた音などでは少し分かりにくいかも… 続きを読む

見た目の美しさはそのままに、より扱いやすくなったモデル「Gretsch G6120TFM」をご紹介! 

1

グレッチといえばフルアコ構造の大きなボディが特徴で、お洒落で上品なイメージがありますよね。細かな仕様変更はありながらも、基本的には大きく構造を変えずにトラッドなモデルとして人気を博しますが、今回ご紹介する「G6120TFM」に関しては、現代のプレイヤーのために扱いやすさを追求したモデルとなっています。じゃあ何が違うの?と思いますよね。 パッと見では大きな違いはないように感じますが、圧倒的に違うのは… 続きを読む