【入荷特報】Gibsonのビンテージ・アコースティックギターをお探しの方は必見 1956年製J-50が堂々の入荷 

Gibson J-50 1958年製

ギブソンのビンテージアコースティックギターと言えばJ-45が人気ですが、J-50もそれと同じように語られるべきでしょう。

Gibson J-50

1942年にギブソン社から発売されたモデル。
一時、戦時中の物資不足により生産が停止されたが、1947年にはギブソンの主力製品として正式に採用されています。

J-50は、J-45をもとに製作されたモデル。
もとになったJ-45はSouthern Jumboと同様に、C.F.Martin & Companyの「ドレッドノート」ギターに対抗するために、Gibsonのラウンドショルダーのアコースティック「ジャンボ」ラインとして登場した。という経緯があります。

それだけに、豊かな低音域を含んだ大きな音量で、多くのジャンルを弾きこなすことができます。

Gibson J-50を使用している著名なアーティスト

歴史あるモデルなので、多くの著名なアーティストが愛用しています。

  • ブルース、フォークロックギタリストのJorma Kaukonen氏(ヨルマ カウコネン)
  • グラミーに9度もノミネートされる米インディアナポリス出身のシンガーソングライターJohn Hiatt氏(ジョン ハイアット)、
  • CMAアワードで最高の賞であるエンターテイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBrad Paisley(ブラッド ペイズリー)
  • そしてご存じ、フォークの神様ことBob Dylan氏(ボブ ディラン)などの著名なミュージシャンに使われています。
  • その他にも、James Taylor(ジェイムス テイラー)、Sheryl Crow(シェリル・クロウ)
  • 日本人アーティストでは、福山雅治氏、CHAGE氏、松崎しげる氏、細野晴臣氏など、上げていけばキリがないでしょう。

カントリー・ウエスタン・ミュージック、ブルース、フォーク、ブルー・グラスなど、さまざまなジャンルで演奏できるオールラウンド・プレイヤー・ギターとして長年愛され続けています。

J-45に比べて生産数が少ないため、プレミアム価格で販売されていることもしばしば。
特徴的なスロープショルダー(ラウンドショルダーと同義)のデザインとクリアで鮮やかなトーンは、アメリカでも定番化しており、ヴィンテージ・モデルの価値は、コレクター市場で上昇中です。

こちらの個体のプレイコンディションは抜群に良く、1958年製ながら、実用に耐えうる希少な一品。

1956年にアメリカで生まれて以降、さまざまな場所で弾かれてきたこのJ-50の旅を、この先もさらに充実したものにしてください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Gibson J-50 [TH429]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*