こんなギター見たことない!スイス発のギターブランド「RELISH Guitars」とは 

先日、面白いギターが入荷しました!スイス発のギターブランド「RELISH Guitars」の「Ashy Jane」と「Rocky a Mary」の二本です。

登場時に話題になったので、すでにご存じの方も多いかと思いますが、このメーカーのギターは今までにない革新的な仕様のオンパレードです。今回は、今までの常識を覆す「RELISH Guitars」の魅力と、スペックについて少しだけ紹介いたします!

ボディバックは磁石で固定

IMG_5281

「RELISH Guitars」のギターは、ボディの裏面にネジなどがなく、ツルっとした見た目になっていますが、実はこの部分はかんたんに外れるようになっています。これによりメンテナンス性が上がり、電池の入れ替えもお手軽!かんたんに外せるとはいえ、強力な磁石で固定されているので、演奏時に外れてしまうような心配はありません。

アルミフレームを採用

IMG_5283

「RELISH Guitars」のギターは、ボディの内部にアルミ製のフレームを使用しています。振動の効率が高いアルミ材を使うことで、非常に長いサスティーンを得ることができるので、演奏する機会があれば、ぜひ一度生鳴りでそのロングサスティーンをお試しください!

フローティングサンドイッチ構造による振動の効率化

IMG_5285

今回入荷した2本のうち「Rocky a Mary」にはフローティングサンドイッチ構造という仕様が採用されています。これはトップとバックをアルミフレームに密着させないことで、アルミフレームの振動を阻害することなく最大化する革新的なシステムです。

タッチで切り替え可能なPUセレクター

IMG_5288

「Ashy Jane」のピックアップセレクターは、LEDを搭載したタッチ式のものが採用されています。LED部分に指で触れることで、それぞれのピックアップのON-OFFの切り替えができるので、見た目のインパクトも抜群です!(慣れるまでは見ながらでないとすぐに切り替えられないのはたまにキズですが…笑)

特許を取得した独自技術による「竹指板」

IMG_5289

「RELISH Guitars」では指板材に、日本でも馴染み深い「竹」を採用しています。独自の技術により竹の密度を上げ、なんとエボニー(黒檀)よりも硬質な素材へと変貌しています。硬質な指板材と、ステンレスフレットによる滑らかな演奏性はやみつきになります。

さいごに

今回は入荷した2本に採用されている仕様を紹介しましたが、モデルによってはピックアップバランスを17段階で切り替えることができる「タッチコントロール」を搭載したモデルや、ピックアップそのものを、はんだ付けの必要もなく手軽に交換可能な「ピックアップ・スワッピングシステム」を搭載したモデルなど、本当にいろいろと革新的なブランドです。

個人的には、スイスといえば高級腕時計というイメージなのですが、ギターも含めて繊細なモノづくりや革新的なアイデアをふんだんに盛り込む姿勢にはいつも感心してしまいます。
今までに出会ったことがない仕様のギターをお探しの方は、ぜひ当店に在庫している間に試しに来てみてください!もちろん試奏するだけでもOKです!(^^)

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*