金管楽器・木管楽器はなにで区別する? 

金管楽器と木管楽器はどのように分類されているかご存知ですか?
「金管楽器は金属でできている楽器で、木管楽器は木でできている楽器。」
この回答は△です。木管楽器に分類されるフルートやサクソフォンは現在主に金属でできています。
「フルートは元々は木から作られていたし、サックスも昔は木製だったんじゃ…」という声も聞こえてきそうですが、サックスは唯一発明当初から金属製です。
では、それでは何を持ってこの2つは何を持って区別されているのでしょう?

金管楽器とは

金管楽器はその多くが金属でできていますが、スーザフォンや法螺貝、ブブゼラ、セルパンなど金属以外で作られているものも存在します。
共通点は材質ではなく、発音機構にあります。
金管楽器は唇を震わせて、その振動をマウスピース、楽器と伝わって、最後に空気を震わせて音を出す管楽器なのです。
唇に付いたスイカの種を吹き飛ばすときの「プッ」と息を吐くときの動きを連続しておこなうようなイメージです。

金管

木管楽器とは?

木管楽器は木や金属など様々な材質が使われますが、クラリネットやサクソフォン、オーボエのようにリードという薄い植物を振動させて発音するタイプと、フルートやリコーダーのように息を楽器に吹き込んで発音させるタイプがあります。

木管

まとめ

金管楽器と木管楽器は発音の仕方によって分類されています。分類の仕方の答えとしては、「金管楽器はリップリード、木管楽器はそれ以外の方法で空気を振動させて音を出す管楽器。」が正解です。
金管楽器・木管楽器の名前は、それぞれその多くが金属・木でできていたことが由来しています。

当店では、
・フルート/ピッコロ
・クラリネット
・オーボエ
・サックス
・トランペット/コルネット
・ホルン/ユーフォニアム
・トロンボーン
・ウィンドシンセ
・マウスピース
といった管楽器やその周辺の商品も広く取り扱っております。
買取・販売どちらでもお気軽にご相談ください!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*