今お使いのマウスピースは本当に合っていますか?~金管編~ 

先日、大量の金管マウスピースを買い取らせていただきました!
状態の確認をしていると、細かくいろんな違いがあるなと改めて感じましたので
今回は、マウスピースの違いと選び方についてご紹介いたします!

素材

マウスピースには、銀メッキや金メッキの個体から一部だけ金メッキのかけられた個体まで様々ございます。
・銀メッキ
初心者の方でも吹きやすく抵抗感が少ないため、多くの演奏者が使用しているマウスピースです。
比較的明るい音色をしているのが特徴です。

・金メッキ
少々抵抗感がございますが、鳴らせばはっきりとした強い印象の音を持ち、表面が非常になめらかで口当たりが良いのが特徴です。
中級者以上の奏者に人気のマウスピースです。

・リムのみ金メッキ
比較的明るい音色ですが、金メッキの芯も感じることができ、幅広い表現が可能なマウスピースです。
ヤマハのカスタムモデルはこの仕様です。

リムの厚さ

・厚いリムは、高音域の演奏が容易になり長時間でもそんなにストレスを感じにくいですが、少々コントロールが難しくなります。

・薄いリムは、コントロールが容易で幅広い音域をカバーしますが、抵抗感が少ないため疲れやすくなる傾向にあります。

リム形状

・角張ったリム形状は、はっきりとした音色で安定感があり正確に演奏ができます。
・丸みを帯びたリム形状は、ふくよかな音色を持ちますが、丸みを帯びた分安定性は欠けコントロールが難しくなります。

カップの深さ・大きさ

・浅いカップは、明るい音色で高音域を得意としますが、音圧が減ってしまい音量も少なくな傾向にあります。

・深いカップは、落ち着いた音色で安定した低音が出しやすく、音量もしっかりと出てくれます。

カップ形状

・Uカップは、少々抵抗感があり明るい音色で高音域が楽に出すことができます。
・Vカップは、抵抗感が少なく柔らかく暗い響きを持ちます。
形状から違うのでかなり分かりやすいですね。

まとめ

いかがでしたか?
素材などご紹介いたしましたが、・唇に合ったもの・鳴らしてみて違和感やストレスがかからないもの・楽器本体にも合うもの(ぴったりはまるもの)が非常に重要です。

例えば、唇が薄めの方が「深めのカップと狭いリム」を選ぶと疲れやすさを感じてしまう可能性が高いのです。

先輩に勧められたから
有名な方が使用しているから
ではなく、上記3点をクリアした上で好きな音色や吹奏感などを選んでいただければ、思い通りの演奏ができる日も遠くないはずです!

当店では、全てのマウスピースをお試しいただけますので、是非お気軽にご来店ください。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*