カビは楽器にも生えます 

湿気の多いジメジメとした季節になりましたね。 梅雨の時期といえばカビが生えやすいとCMでもよく言われていますが、実は管楽器にもカビは発生します。 ・コロナの影響で演奏会がなくなり、吹く機会が減った ・1年近く演奏していない ・通気性の悪いところで保管している(押入れなど) どれか一つでも当てはまったら、カビが生えている危険性があります! ゾッとした方もいらっしゃると思いますが、予防することもできま… 続きを読む

今お使いのマウスピースは本当に合っていますか?~金管編~ 

先日、大量の金管マウスピースを買い取らせていただきました! 状態の確認をしていると、細かくいろんな違いがあるなと改めて感じましたので 今回は、マウスピースの違いと選び方についてご紹介いたします! 素材 マウスピースには、銀メッキや金メッキの個体から一部だけ金メッキのかけられた個体まで様々ございます。 ・銀メッキ 初心者の方でも吹きやすく抵抗感が少ないため、多くの演奏者が使用しているマウスピースです… 続きを読む

吹いてみたい楽器NO.1! サックス選び方 

管楽器の中では非常に人気が高く、部活動での楽器選びでも抽選になるほどです。 (私もカッコいいからという理由でアルトサックスを第一希望にえらびましたが、落選してしまいました。笑) 「サックス」と一言で言っても様々な種類があり、特にアルトサックスとテナーサックスが注目されていますがどんな違いがあるかご存知でしょうか?? 大きさはもちろんですが、音色の傾向なども変わってくるのです! 今回は、「アルトサッ… 続きを読む

そんな偶然!?奇跡的に誕生した変形管楽器 

ギターやベースなど見た目や形も様々ある楽器とは違い、比較的決まりきった形をしているのが管楽器です。そんな管楽器ですが、以前買取をおこなった中に非常に珍しい形をしたトランペットの入荷がありましたのでご紹介いたします! ディジー・ガレスピー愛用機に似たアップベル仕様のトランペット ディジー・ガレスピーといえばアップベルを演奏していることで有名なアメリカのジャズトランペット奏者です。そもそもなぜ、ディジ… 続きを読む

管楽器に使われるパーツの種類 

フルートやサックス、トランペットなど沢山の細かなパーツから作られていますが、どれくらいのパーツが使われているかご存知ですか?私は、思っているよりも非常に多くのパーツが使われていることに驚いたのを覚えています。笑それと同時に、改めて精密でデリケートなんだと感じました。今回は、パーツに着目しご紹介いたします! パーツの多さランキング! 小さいものから大きいものまで様々なパーツがあり、パッと見て分かるも… 続きを読む

【金管楽器】洗浄をしても音抜けが悪いときは・・・ここに注目! 

抜差管の状態が良く凹みなどもないのに、なぜか音抜けが悪い。。さらに洗浄までおこなっても改善しない。。。なんて経験ありませんか?そんなときは、あるパーツが消耗している事により改善しない可能性があります。今回は、見落としやすい消耗パーツについてご紹介いたします! 音抜けに関わる部分 音というのは、管内の空気振動させ音を響かせますので、その空気の振動をいかにスムーズに振動させるかが鍵となってきます。 ①… 続きを読む

これがあれば無敵に!?管楽器奏者の最強武器 

音程が合わない。。早いパッセージが吹けない。。こういった悩みを一度は持ったことありませんか?木管・金管問わず、管楽器奏者にとって常に悩みのタネとなるものですが、ちょっとした工夫で解決することができます!今回はその解決法についてご紹介していきます。 正解は替え指を使うこと 特定の音だけでも替え指を使ったことがある方はほとんどだと思いますが、なぜ替え指を使うとお悩み解決できるのかご存じでしょうか?? … 続きを読む

サックスは管楽器の中で唯一の発明品! 

フルートやトランペットなどは発明ではなく、もともとあったものを現在の形へ変化させていったものになりますが、サックスは「こんな楽器を作りたい!」と研究を経て発明された楽器です。サックス成り立ちなど詳しくご紹介いたします! サックスが誕生するまで サックスを発明したのは、アドルフ・サックス氏(本名 アントワーヌ=ヨゼフ・サックス)という方で、1835年から10年ほど父の楽器製造工場にて修行をしていまし… 続きを読む

フルートってどこから音が出ているの?? 

もちろん端のところでしょ!と思われた方も多いかと思いますが、実は端から音は出ていません!では、どこから音が出ているのか。。。今回は、フルートの仕組みや構造など詳しくご紹介いたします! フルートの発音原理 フルートは、エアリードと呼ばれる空気の流れによって音をつくています。空気の流れと言われても、なんのことやら・・と思われますのでより分かりやすくご紹介します。 フルートの音が出る仕組みは、勢いよく息… 続きを読む

奥が深いマウスピースの種類 

カップの形・リムの厚さ・浅いものから深いもの・金メッキされたもの・・・など様々な種類がありますよね。トロンボーンとユーフォニアムのマウスピースには、形状そのものが違う2種類があります。レミントンシャンクとバックシャンクと呼ばれる2種類で、自分の楽器がどっちなのかしっかりと把握しておく必要があります。今回は特徴から見分け方までご紹介していきます! レミントンシャンク オールドコーンなどビンテージの楽… 続きを読む