4弦ベースか5弦ベースか…よくあるお悩み 

お客様が、ベースをご購入されるときに、よくいただく悩みで、
「やっぱり弦は、5弦あった方が良いですか?」
という質問があります。

詳しく伺ってみると、
「4弦よりも5弦の方が音域が広いので便利ですよね?
4弦だと、後々困ったことにならないですか?」
というもの。

(※写真は、当店が以前買取をしたADAMOVIC Halo 5st 35inch Exhibition Grade Flamed Olive Top)

確かに、ポップス、ロック、R&B他、様々なジャンルで5弦ベースは使われています。
市場に出回っているベースの本数としても、5弦ベースは一般的になりました。
当店にも、5弦ベースの買取依頼をたくさんいただきます。

しかし、5弦を買おうと思うと別の悩みも出てくるようで。

5弦ベース購入時の悩み

まず、5弦ベースの購入で多い悩みでよく伺うのが、、
「4弦に比べて、弾くのが難しいのでは?ちゃんと弾けるようになりますか?」
という悩みがあります。
これは正直慣れてしまえば、4弦とさほど変わりません。

4弦を長く弾いている人が5弦に移行した時に、若干の違和感と弾きにくさを覚えるでしょうが、弾いていくうちに慣れる程度の違和感です。そこまで気にしなくてもいいでしょう。

はじめてベースをされる方が、5弦ベースからはじめたとしても、上達の速度にさほど変わりはないでしょう。

次に多いのが、
「出回っている楽譜やスコアが5弦ベースに対応していないのでは?」
というもの。
こちらもご心配には及びません。
5弦を使われているバンドの曲は、5弦用で書かれていることがほとんどです。

しかし、4弦用に書かれたタブ譜も、5弦で弾かなければならないので、主にタブ譜で練習される方にとっては読みにくさを感じるでしょう。
E弦とB弦を間違えて弾いてしまったり、というのは良くあることですね。

ここまでくると、「どうやら5弦が良さそうだ。」
と思ってしまいそうですが、4弦ベースには4弦ベースの良さがあります。

4弦ベースのいいところ


(※写真は、当店が買取をしたFender USA 1963 Precision Bass )

実は、5弦ベースで音域が広がるといっても、低音のE♭、D、D♭、C、Bだけ。
たった5音。

また、これらの音は、4弦ベースでもオクターブ上げて音を出すことができますので、特定の曲が弾けなくなるということはありません。
どうしても低い音を出したい場合は、ドロップDチューニングでも(E弦のチューニングをDまで下げる)対応できます。

また、ドロップDチューニングで出す、開放弦のDのサウンドと、5弦ベースの5弦3フレットで出すDのサウンドの違いも、好みが分かれるところでしょう。
ドロップDチューニングの開放弦のDのサウンドに比べると、5弦3フレットで出すDの音のほうがダークなサウンドがします。

そして、4弦ベースは5弦ベースに比べて、スラップが弾きやすい。
ここも、ベースを弾くにあたって大きなポイントでしょう。

結論としては、どちらがより良いのかというのは一概に言えず、そのベースでどんな音楽を演奏するかによって変わる。
ということになります。

理想としては、「用途別に複数本持つ。」ですね。

しかし、「まずは1本だけ!」という場合は、上記のことをご参考にご購入を考えていただければと思います。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*