【入荷特報】アンドラーシュ・アドリアンが開発に携わったフルートの”理想形” YAMAHA YFL-817が衝撃の入荷 

YAMAHA YFL-817

YAMAHA YFL-817を買取させていただきました。

フルートは、オーケストラや吹奏楽の中でもメロディやソロを担当することが多い楽器です。

それゆえに、
「思い通りの音色が出るかどうか」
「思い通りの音楽を表現できるのかどうか」
ということをシビアにとらえる奏者は多いでしょう。

自分の楽器の音色をもっと理想に近づけられないか。
という理由で、頭部管をあれこれ試した。という方もおられるのではないでしょうか。

このYFL-817は、世界的プロフルート奏者であるアンドラーシュ・アドリアン氏がYAMAHAと共同で開発したモデルです。

アンドラーシュ・アドリアン氏については、ヤマハ社のWebサイトに紹介ページがございます。

アンドラーシュ・アドリアン氏について

Type-A(頭部管)

開発の中で、特に重要視されたのが頭部管です。

頭部管は、人の息が音に変わる場所。
音が発生する部分ですから、こだわらないわけにはいきません。

YAMAHAが持つ最高峰の技術と、アンドラーシュ・アドリアン氏の長年に渡るプロとしての演奏経験で得られた知見を元に、4年もの歳月をかけてType-A頭部管が作られました。

面白いことに、このType-A頭部管の完成度があまりに高いため、自分の持つフルートにTypeA頭部管を装着して試すという奏者もいたそうです。

フルートにおける頭部管の重要性

ご存知の通り、フルートの頭部管は非常に奥が深く、頭部管それだけで専門領域と言われるほど重要な部分です。
本体とは別の頭部管を使用している奏者が世界中にいることからも、それはうなずけます。

そして、このYFL-817は、TypeA頭部管と本体とが、一つの完成形として成り立っているものなのです。。

アンドラーシュ・アドリアン氏は、こう語ります
「楽器の音色には個性があるものですが、YFL-817は、その個性を演奏者に押し付けることをしません。息の使い方や演奏者の技術で、音色をコントロールできるのです。」

メカニズムの精度や音程感の良さなどは、YAMAHA製ですので言わずもがなでしょう。

演奏者の理想とする音色や演奏を実現するというところから「イデアル」と名付けられたYFL-817。
まさに究極のハンドメイドモデルと言えるでしょう。

このYFL-817、新品では968,000円(税込)のモデルですが、Qsicですと566,500円(税込)でございます。

傷も少なくきれいな状態です。もちろん調整済みですので、お届け後すぐに演奏していただけます。

中古での入荷は非常に珍しいモデルで、在庫もこちらの一点限りとなります。
気になられた方は、お気軽にお問い合わせください。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
YAMAHA YFL-817 [調整済み] 【返品OK】[OH486]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*