吹いてみたい楽器NO.1! サックス選び方 

管楽器の中では非常に人気が高く、部活動での楽器選びでも抽選になるほどです。
(私もカッコいいからという理由でアルトサックスを第一希望にえらびましたが、落選してしまいました。笑)

「サックス」と一言で言っても様々な種類があり、特にアルトサックスとテナーサックスが注目されていますがどんな違いがあるかご存知でしょうか??
大きさはもちろんですが、音色の傾向なども変わってくるのです!
今回は、「アルトサックス」と「テナーサックス」の音色についてご紹介していきます。

見分け方

写真で見るとどっちがどっちかわからないなんてことありませんか??
ネックに注目します!
直線的な方がアルトサックスで、曲がっているのがテナーサックスです。

 

アルトサックス

サックスと聞いて思い浮かぶのがアルトサックスです。
金管楽器に近いような力強いキラッとした音色を持つ反面、甘い音を出すこともでき非常に表現力が豊かと言われております。

サックスの基本と言われており、趣味で始められる方に選ばれることが多いのがアルトサックスです。

ルパン三世のテーマのメロディなど、アップテンポな曲が吹きたい方にオススメです!

テナーサックス

次に人気が高いのがテナーサックスです。
アルトサックスとは違い、曲の雰囲気を作ったり幅広い包容力があり、渋く男性の声に似た音を持ちます。
どちらかといえば伴奏をしていることが多いですが、豪快にソロを吹いたりなどジャズ向きな一面を持ちます。

just the two of usのしっとりしたソロや演歌など渋く味のある演奏をしたい方にオススメです!

まとめ

いかがでしたか??
同じような音や見た目でも、それぞれに特徴のある音色を持っています。
サックスを始めてみたいなとお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*