【夏の終りに~楽器怖い話~】 

_MG_9851
夕方以降は少し涼しくなってまいりまして、そろそろ夏も終わりかとい風情ではありますが、今年の夏は本当に猛暑でございます。
もう毎年言っている気がいたしますが・・・今年は異常気象でございます。

とにかく気温が高く、危険な暑さで熱中症に対する注意が必要であったり、梅雨時分にも例年に無い量の雨量だったりと体調の管理も大変でございます。

人間の体調管理が難しいのと同じく、気候が安定しないと楽器の管理も難しくなるわけでございます。

2020年、私自身、今まで経験したことのない驚愕する出来事がございました。
それは何かと申しますと・・・

かれこれ20年以上楽器を嗜んでいるわけですが、初めて家で保管しているソフトケースに大量のカビが生えました。
長期間物置に放置していてというわけではなく、部屋に置いていたものがでございます。

これは本当に衝撃でございました。
しかも、今年からそこに置き始めたということではなく、数年同じところに置いていながらです。

思い当たることがあるとすれば、今年の梅雨の長雨。
例年に比べましても、非常に多い雨量が長い期間振り続けていた印象がございます。
その為、洗濯物が外に干せず、楽器を保管していた部屋に干す日が増えたというのが昨年までとは違うところでしょうか。

タダでさえ湿度が高いところに、洗濯物を干したダブルパンチで、カビが生えてしまったのかと推測しております。

カビが生えてしまうと本当に厄介でして、叩いて落としただけではすぐに再発してしまいます。
対処方法としましては、塩素系の洗剤で拭き取ると再発が防げるとのことでしたが、この度は外面びっしり白くなってしまっておりましたので処分いたしました・・・。

ケースを開けてみると、ボディにも白い蜘蛛の巣のような形で侵食してきていたのには身の毛がよだつ光景でございいました。

2020年は本当に異常気象でございますので、長期間保管していて最近調子を確認していない楽器やケースに入れっぱなしの楽器がある方は、お早めにチェックすることをおすすめいたします。

カビが生えると本当にやっかいですからね!

チェックをして「もう管理しきれないな」という物が出てきましたら、お気軽にQsicにお持ちいただけますと買取もさせていただきますので!
お後がよろしいようで、今回はここまでとさせていただきます!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*