宅録環境、思わぬ伏兵。 

最近、宅録環境で新しく導入したものがあったのでパソコンまわり、物の位置が動きました。
休日に何回かホームセンターを往復しました。(同じものを何回か買うのちょっと恥ずかしい)

「よし、場も整ったし早速試そう。」
そう、こういう時に限って問題が発覚するのがギタリストあるある。

アンプに繋いでいたときには全く鳴っていなかったノイズが…。
シールド、ギター本体、チューナー、ソフト内の設定。
全部見直しても問題はなし。

ノイズリダクションもチューナーの後ろに繋いでみるか。
→鳴らしている時にノイズが乗っていることが発覚。
この後、オーディオインターフェイスを疑ったりもしましたが、違いました。

なにがいけなかったのか。
同じような現象に直面されている方のためにチェックポイントを用意しました。

住環境由来のノイズを疑ってみましょう。

—-チェックポイント—-
・エフェクターの電源はどこからとっていますか。
・テレビはついていませんか
・調光式の照明ですか?
・パソコンの近くに無線LANの機械はないですか
・スマホをギター本体に近づけていませんか
・シールドは床でとぐろを巻いていませんか

—-思わぬ伏兵—
・パソコン本体

ギター本体とパソコンの筐体の位置を近づけてみてください。

こいつだったのか…。

外来ノイズは、それぞれの環境でそれぞれの事情があるので一概にはいえませんが、チェックする箇所は定番があります。

悩んだら、機材を新しく買う前に、まずは理由を考えましょう。
(私はノイズリダクションを買いました。)

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*