最初のギター、ストラト、テレキャスター、レスポール、どれを選んだらいいんだ。【新しい種類のエレキが欲しい人にもおすすめの記事】 

学生さんはそろそろ春休み、入学・卒業、進学の時期ですね。
軽音部に入ってエンジョイしたい!というのは今でも一定数以上は聞くメジャーな願望のような気がします。
今日は最初のエレキギター選びの一助になればと思い、この記事を作成しました。
(これからはじめる方だけでなく2本目、3本目を悩んでいる方向けにもなりそうな音声ファイルをご用意しております。)

就職して「話の種になるように趣味のひとつでもやっておこうかな」という方もよくいらっしゃるので、すでに大人になったそこのあなたも遅いことは決してありません。

どなたにとっても、スタートしたいと思った時が初めどきです!

スタートにはなにが必要か

だいたいどの初心者向けページにも初心者セットか別で買うかといった論争が繰り広げられていますが、最低限、ギター本体とチューナー(音合わせるアイテム)さえあればスタートできます。
チューナーは小型のもので1000円台であります。

チューニングが出来て、ちゃんと押さえられるようになることさえ出来れば、1ヶ月目としては御の字です。
その頃にはコードをちょっとだけ覚えている頃でしょうから、アンプはギターを買った翌月にでも買えば間に合います。

アンプにはヘッドフォンで音を出せる端子がついているものがあったり、AUX端子といってiPodなどから音楽を流せるものがあったり、逆に両方ついていないものもあったり、初心者の方は判断にこまるからセットになっているものを選ばれるのだと推測されますが
一気に買わないで後で考えてから別々で予算を決めて買うと「ちょっと質がいいやつ」を買えたりします。

アンプ自体を鳴らすのが住環境的にも厳しいという方には、アンプで音を出しているのを再現してヘッドフォンから音を出す便利アイテム、iRigがあります。(手のひらサイズなのでスペースもとりません。)

ひとまずすべき行動は3つ

・気に入ったギター本体とチューナーを買う
・チューニングできるようになる
・かんたんなコードを押さえられるようになる

行動すべきは、この3点だけです。簡単。
(コードのFやBなんて最初から気にしないでいいです。人差し指で1fの1~6弦をまとめて押さえられるようになればそのうちできます。)

最初に選ぶギターは?

・ストラトキャスター
・テレキャスター
・レスポール
この3種類がベタな3種類ですが、曲の中で聴いたことはあっても単体で聴いたことがないと選ぶ際に悩ましいですよね。

今回はこの3種類を録音してみたので聴いてみてください。
正直、この3種類以外のギターではじめても全然問題ないのですが、この3種類がはっきりキャラクターがわかれていてユーザーのシェアも広いという理由です。
あとは細分化されて中身の尖った音楽ジャンルでなければ、この3種はだいたいのジャンルで見かけるというところが大きいです。

例えばストラトキャスターのような形や構造でレスポールに載っているマイク(ピックアップ)を載せたギター等、他のギターを形作る元にもなっている機種なのでこの3種類の音を聴いてみましょう。

ストラトキャスター

ジャンル、奏法、スタイル問わずオールマイティに活躍しているタイプのギターです。
今回はメイプル指板のものをチョイスしましたが、ローズウッド指板の人気も高いので要チェックです。

鈴鳴り、芯が太い、などがキーワードのくっきりした音、きらびやかな音色で”ジャリーン”という擬音が入りそうな音です。


それぞれストラトキャスターの名手ごとに、出している音に”驚くほど多様性がある”のがストラトキャスターなので何人か有名なギタリストを検索して曲を聴いてみると面白いかもしれません。

テレキャスター


こちらも鋭い音なのですがストラトとは少し違います。さらに切れ味のある印象です。
”テレキャスターの音”が一番わかりやすいかもしれません。


カントリーやブルースで存在感を大いに発揮。カントリーの名手の演奏は卒倒しそうになるほどカッコいいです。
最近ではギターボーカルのバンドが空間系エフェクターを深めにかけたサウンドを出したり、歪ませて掻き鳴らしたり。
いつの時代もレスポールやストラトキャスターなどのライバルに負けず存在感のあるギターです。

レスポール


太い音といわれるレスポール。ストラトキャスターの芯が太いとはまたちがったサウンドで、とてもパワフルで音に圧があります。
甘い音がキーワードで、前者2種とはちがって音の丸みがあります。
太く艶やか、ウォームな音色。


60年代中期にエリック・クラプトンがレコーディングした「マーシャルアンプ×レスポール」のサウンドは現代にも脈々と続く定番のサウンドとなりました。
ロックとのイメージの結びつきが強くアイコニックな存在。
しかし、ロック以外のジャンルでも愛用者が多く、王道のモデルとして堂々たる風格のあるギターです。

好きなギターを弾こう

結論としては、この3種から選ばなくても大丈夫です。
ハムバッカーのほうが好きかな。シングルコイルのほうが好きかな。
色は?形は?そういうところで選んでもOK
店員さんや、身近でギターをやっている人に相談するのであれば「好きな音楽(曲、ジャンルなど)」「好きなバンド」とかをはっきり伝えてあげるとアドバイスする側はアドバイスしやすいと思います。
「アドバイスしてもらったけどおすすめされたものがイマイチときめかない」のであればその直感が正解なのでときめくまで探しましょう。
予算によってはある程度妥協も必要とだけお伝えしておきます。
しかし

中古品であれば新品時の価格では到底買えなかった商品も予算内に収まったりする

ので検討してみてください。

さいごにクイズを….


今日の3種のうちのどのギターでしょう?
ギターをスタートして数カ月練習した後、思い出したときにもう一度聴いたとき、どのギターなのか確信が持てるほどハマっていれば素敵ですね。

楽器の買取はQsicへ

当店の在庫は全てお客様からの買取で成り立っています。
これだけ多くの中古楽器が日本全国から集まってくるのは、高価買取に全力を注いでいるからこそ。

ご不要な楽器がございましたら、ぜひ一度お声掛けください。お問い合わせだけでも構いません。
ご満足・ご納得いただけるよう、精一杯努めさせていただきます。

無料査定依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*