ワイヤレスシステムにデメリットはあるのか!? 

あなたはシールド派でしょうか?ワイヤレス派でしょうか?

私はワイヤレス派です。

現在でも多くの方がシールドをお使いになっていると思うのですが、
「シールドでもいいけど、ワイヤレスも気になる。」
という方もおられると思います。

今回はそんな方のために、ワイヤレスシステムで話題にされやすい点を挙げ、それに関しての感想と体験を書いてまいります。
ご参考いただければと思います。

話題その1.長いケーブルも自由度が高いと思うが、ワイヤレスにする必要があるか?

これは使ったことがある方なら分かっていただけると思いますが、自由度に関していえば、長いシールドとの差は歴然です。
足元にケーブルが無いだけで、かなりの開放感です。
「今までこんなストレスを知らずに感じていたのか」と思うほど。
ギターソロの時に前に出るのも簡単ですし、暴れてもケーブルが抜けることはまず無いです。
この自由度により、リハーサルの時に外音を確認することも出来ますし、ステージ上でメンバーの元へ行くのも容易です。

話題その2.サウンド劣化はどうなのか?

サウンド劣化について気にしている方もおられるかと思います。
しかし、実際は気にするほどではありません。
というか、サウンドの違いに気が付かないレベルです。
ワイヤレスの技術が、そこまで進歩しているといっていいでしょう!
よっぽどハイエンドなシールドとの比較なら差もでるかもしれませんが、そうでなければNo問題です。

話題その3.電波混戦は大丈夫なのか?

実はこれには注意が必要です。
最近発売されているワイヤレス機器の多くは2.4GHzを採用していますが、この周波数がBluetoothやWi-Fiと同じ周波数なのです。
なので、自分のスマホのWi-Fiと混線してしまうことや、鑑賞されているお客さんのスマホと混線し、演奏の音が途切れてしまうことが稀にあります。

しかし、実体験としては50回のライブに2回。総時間にしても2秒ほどです。

お客さんのスマホのBluetoothやWi-Fiを切ることは出来ませんが、せめて自分のスマホはオフにしておくようにしましょう!

また、モデルによっては混線を解消できるように、干渉を事前に検出・回避できるシステムを搭載している物もあるので、そういった機能がついたモデルの使用がいいでしょう。
私は、これに変えてからは混戦はまだ一度も経験していません。

話題その4.電池切れとか怖い

はい、確かに…本番中に電池が切れると悲惨です!!
しかし、ほとんどの機器に「電池が切れそうサイン」がありますので、ライブの前日にチェックしておけば問題は無いでしょう。

話題その5.荷物になるんじゃない?

確かに3mや5mのシールドと比べれば荷物になるでしょうが、最近はエフェクターサイズのものも多くありますので、それなら気にするほどの重さではないでしょう。

というわけで、多少注意するべき点はありますが、ワイヤレスシステムで得られる自由さを一度体験すると、個人的にはワイヤレスに軍配が上がります。
迷われている方は是非ワイヤレスシステムで自由の世界へ!!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*