カバードキイは初心者モデルでリングキイは上級者モデル?? 

フルートを見てみると、指を押さえる部分に穴が空いているもの・空いていないものがあります。
確かに、初心者の方はカバードキイを選びがちではありますが、プロの方でもカバードキイのフルートを使用している方もいらっしゃいます。
今回は、それぞれの特徴をご紹介いたします!

【カバードキイ】
カバードキイの特徴といえば、なんといっても押さえやすいところです!
息漏れの心配が少なく音がしっかりと安定し、比較的柔らかく暖かみのある音色がします。
また、手が小さかったり指が短くても、穴を塞げない事がないので
誰でも演奏できるという点も、カバードキイの良さであり、初心者の方に選ばれやすいポイントかも知れません。

【リングキイ】
リングキイの特徴は、指を少々ずらすことでピッチ調整ができるというのが何よりもメリットです!
サウンドは、音抜けがよく軽やかで明るい音色で、特に素直なレスポンスが見込まれるので、表現の幅が広がります。
その反面、しっかりと指先で押さえないと音が鳴らないこともあり、常に綺麗なフォームで維持しなければならないため、少々難易度が高くなってきます。
少し手が荒れてしまうだけで、塞げないこともあるらしく手のケアも大事なようです。笑

【まとめ】
いかがでしたか??
特徴としてまとめましたが、目を閉じて聞いてみるとどっちがリングキイかは正直わからないと思います。笑
ですので、しっかりと自分にあった吹きやすい仕様重視で選ぶようにしましょう!
また、リングキイのモデルに簡易的に穴を塞ぐプラグがあり、カバードタイプにできますが音質が悪くなってしまうことがあります。
その場合は無理にリングキイにせずカバードタイプの個体を選んでくださいね!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*