Qsic 2018年エフェクター人気ランキング発表!! 

2018年は本当に多くのエフェクターの買い取りをせていただき、そして販売をさせていただきました。
そこで今回の投稿では、Qsicのカテゴリー別人気エフェクターランキングを発表いたします!
1年間を通し当店で売れた台数を基に、上位3位を選出。2018年は注目度の高い新作が多数登場しましたので、定番人気商品への下剋上はあるのか。結果やいかに・・・!

オーバードライブ

第1位・・・BOSS BD-2 Blues Driver
第2位・・・BOSS SD-1 SUPER OverDrive
第3位・・・BOSS OD-3 OverDrive

まずはオーバードライブから。圧倒的販売数でBOSSが三冠を達成。特にBlues Driverは2位と2倍近い差を付けるほど超超超人気商品でした。
初心者ギタリストのほとんどが上記3モデルのいずれかを手にすることを考えれば、当然の結果なのかもしれませんね。
また、オーバードライブは他より層が厚く、Fulltone OCDやIbanez TS-9なども高い人気を誇りました。

ディストーション

第1位・・・BOSS DS-1 Distortion
第2位・・・BOSS MT-2 Metal Zone
第3位・・・Proco RAT2(USA製、現行モデル含め)

ディストーションはBOSS三冠ならず。USA製と現行モデルを含めてになりますが、名機RAT2がランクインです。
Suhr Riot がランクインしなかったのは意外でした。

ファズ

第1位・・・electro-harmonix BIG MUFF Pi
第1位・・・Z.Vex Fuzz Factory Vexter Series
第1位・・・Jim Dunlop JH-F1 Jimi Hendrix Fuzz Face

ファズは総数が非常に少なく、まさかの3モデル同率1位。
しかしどれも「ファズといえば」と言えるモデルで、納得の結果ではないでしょうか。

ブースター

第1位・・・XOTiC EP-BOOSTER
第2位・・・MXR M-133 MICRO AMP
第3位・・・XOTiC RC-BOOSTER

ブースターはやはりXOTiCが目立ちます。
MXR MICRO AMPはブースターとして使用されることが多いので、こちらにランクイン。
結果としては、ゲインブースターよりクリーンブースターの需要が高いことが伺えますね。
ちなみに、TS-9をブースターとしてカテゴライズすれば、第3位にランクインです。

ディレイ

第1位・・・BOSS DD-3 Digital Delay
第1位・・・BOSS DD-7 Digital Delay
第3位・・・Line6 DL4 Delay Modeler

BOSSの旧モデルと最新モデルが同率1位。第3位も愛用者が非常に多いモデルですし、ランク外となりましたが第4位だったMXR Carbon Copy Analog Delayも高い成績を叩き出しております。
ディレイエフェクターの層の厚さが感じられる結果でした。

リバーブ

第1位・・・BOSS RV-5 Digital Reverb
第2位・・・BOSS RV-3 Digital Reverb/Delay
第2位・・・tc electronic HALL OF FAME Reverb

空間系やモジュレーション系はBOSSが圧倒的な力を見せつけます。
BOSS Digital Reverb/Delayは意外なランクイン。今回は同率2位でしたが、印象としてはRV-3よりtc electronic HALL OF FAME の方が人気が高いように思えます。

コーラス

第1位・・・BOSS CE-5 Chorus Ensemble
第2位・・・BOSS CH-1 SUPER Chorus
第3位・・・BOSS CE-3 Chorus

オーバードライブに続き、BOSSが三冠達成です。
electro-harmonixのSMALL CLONEも人気モデルですが、派生モデルが多いため、人気が分散してしまったのではないでしょうか。

ワウペダル

第1位・・・Jim Dunlop Crybaby GCB-95
第2位・・・VOX V847
第3位・・・VOX V845

こちらは特に疑問を感じない結果ですね。古くからワウの代表であるCrybaby とVOXが、人気の高さを示しました。
Jim DunlopとVOX以外ではワウペダルのモデル数が少ないため、ライバルが存在しないためとも考えられます。

マルチエフェクター

第1位・・・BOSS GT-100 COSM Amp Effects Processor
第2位・・・BOSS GT-1 GUTAIR EFFECT PROEFESSOR
第3位・・・ZOOM MS-50G

マルチエフェクターもBOSSが強し。GT-100は圧倒的な数字でした。
第3位にランクインした、ZOOMのコンパクトマルチ・シリーズも多大な人気を誇ります。
LINE6 はブランドでの販売数は多かったのですが、モデル数が多く人気が分散されてしまい、ランク外に。

ベース用エフェクター

第1位・・・MXR M-80 BASS D.I.+
第2位・・・EBS MULTI COMP
第3位・・・TECH 21・NYC SANSAMP BASS DRIVER DI

最後はベース用エフェクターです。総数が少ないため、総合カテゴリでの人気を調査しました。
やはり、ベーシストにとって必要性の高いプリアンプとコンプレッサーがランクイン。
ベーシストであれば、上記3台の内どれかは所持しているのではないでしょうか。

———————————————————————————————————
意外な結果は見受けられましたでしょうか?
全カテゴリーに共通していることですが、ランクインしたモデルはどれも発売してから年数の経つ定番人気商品ばかり。
2018年は期待の新作が非常に豊富でしたが、新しい人気商品は買取でお持ちいただくお客様が少なく入荷数が劣るため、中古専門である当店では良い結果を出せないというカラクリです。

中古専門店ならではのランキングでしたので、お楽しみいただけたのではないかと存じます。
半年後、1年後のランキングがどう変化しているかも楽しみですね。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*