ハムバッカーの名前の由来って? 



エレキギターの代表モデル「Les Paul」に搭載されているピックアップ、ハムバッキング・ピックアップ。この名前の由来はご存知ですか?

3

そもそもこのハムバッカーはギブソンの技術者であるセス・ラバー氏とテッド・マッカーティ氏によって開発され、ギブソンのレスポールに搭載されたことで一躍有名になりました。構造上、シングルコイルピックアップが2つ並んだように見えることから、ダブルコイル・ピックアップとも呼ばれます。

open

2つのコイルの位相を反転し配置することにより、出力は大きく、ノイズは小さくなるという仕組みになっています。これにより、マグネチックピックアップの弱点である「ハムノイズ」を少なく出来ることから、
ハム(Hum=電磁ノイズ)バッキング(Bucking=抵抗する)
という名付けがされたのですね。

最後に

近年、ノイズキャンセリングイヤホンやヘッドホンが各メーカーから販売されていますが「ノイズを逆位相の音で打ち消す」という基本的な仕組みはこのハムバッキング・ピックアップと同じです。1950年代に開発されたこの仕組みが今でも応用され、より発展していく様を見ると、当時の発明が如何に革新的であったかが伺えますね。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*