ストラップピンがグラグラする…そんな時の”応急処置”教えます! 

グラグラ

立って演奏しているとギターがグラグラ…よく見るとストラップピンが今にも外れそうな状態に。

そういった経験はありませんでしょうか?

今回はそんな時に使える“応急処置の方法”をご紹介します。

まず、ストラップピンがグラグラするという事は、「ネジよりもネジ穴が大きくなってしまっている状態」という事。これでは、いくら回しても締まる事はありませんよね。

そこで今回ご紹介するのは、“つまようじ”

どこの家庭にもあるこのつまようじを、ネジ穴を埋めるのに使用します。

ストラップピンの埋め方の手順

1、まず、つまようじをネジ穴へ埋めます。

爪楊枝さし

2、そして、おおよその長さが分かれば、ボディに合わせて切断します。

ネジ埋め

※もしネジ穴がかなり大きいという場合は、2本入れるなどして穴の大きさに合わせてください。

3、この状態になればあとはその上からネジを締めるだけです。

ネジ締め

※この時に木工用ボンドで固定するとより安心ではありますが、後々しっかりと直したいという場合は使わない方が賢明です。

4、これで終了です。

ストラップピン

まとめ

いかがでしたでしょうか?

非常に簡単な方法ですが、最低限の固定であればこれで特に問題はありません。

しかし、これはあくまでも緊急時の”応急処置”

しっかりと直すのであれば、お近くのリペアショップ、またはキュージックへ持ち込みましょう^^

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*