Fenderの最高峰!マスタービルダーとは? 

エレキギターのブランドの中でも圧倒的な人気と知名度を誇る「フェンダー」。フェンダー・ジャパンやフェンダー・メキシコ、フェンダーUSAな どグレードの違いが多数ありますが、今回は最高のグレードであるフェンダー・カスタム・ショップの中でも卓越した製作スキルとセンスを持った マスタービルダーをご紹介します。

1
2
3

★マーク・ケンドリック(Mark Kendrick)

カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。創業間もない1950年代にレオ・フェンダー氏のもとで働いていた伯父に続き、フェンダー氏と深い関わりを 持っています。1973年、ミュージックマン社に入社。その後G&L社へと移り、1991年、フェンダー社の一員となりました。 その後はカスタムショップ内においてアーティスト専任マスタービルダーとして、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、リッチー・サンボ ラ、ジョニー・ラングなど、多くの一流ギタリストのギターを手がけました。

★トッド・クラウス(Todd Krause)

トッド・クラウス氏はフェンダー社に入社する前、LAメタル全盛期の80年代の約10年間をシャーベル/ジャクソン社のビルダーとして腕を振るい ました。そして1991年、さらなる高みを目指す機会を得るために、フェンダー・カスタム・ショップに加わりました。ジェフ・ベックの使用する比 較的スタンダードなギターを製作する一方、独特なペイントの個性派ギターも制作するなど、才能は多岐に渡って発揮されています。

★ユーリ・シスコフ(Youri Shishkov)

旧ソビエト連邦に生まれたユーリ・シスコフ氏は自作の工具を使って手作業でギターの製作をしていました。1990年にワッシュバーンのルシアーと なり、ダイムバッグ・ダレル、ジミー・ペイジなどトップ・アーティストの楽器を手がけます。2000年にフェンダー・カスタム・ショップに加わり 、ショーモデルやレリックモデル、EMGやフロイドローズを搭載した現代的なモデルなど様々なモデルを製作しています。

★ジョン・クルーズ(John Cruz)

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジョン・クルーズは、1986年にフェンダーに入社します。USAラインで6年間の下積みを経て、1993年にフ ェンダー・カスタム・ショップの一員となります。さらに10年間、同社で研鑽の日々を重ね、ついにマスタービルダーとなりました。復刻モデルを 手がけることが多く、ジョン・クルーズ氏の手がけるレリック加工は非常に高い評価を得ています。

★さいごに

今回ご紹介させていただいたのは4名のマスタービルダーですが、他にも多数のマスタービルダーが在籍しています。それぞれのビルダーによって 得意なギターが違ったりして個人的にはとても興味深いです。フェンダー・カスタム・ショップのギターを購入される際は、ビルダーの名前で検 索してみるのもおすすめですよ!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*