【「切り替える時の問題が解消」スイッチレスワウのちょっとした裏技をご紹介】 

「チャカポコ」「ワカチコ」と表現される独特なトーンで、世界中のプレイヤーを魅了するワウペダル。誰もが一度は触ってみたいと思ったことがある製品の1つかと思います。

ただいざワウを導入してみた!となっても、演奏中にON/OFFを綺麗に切り替えるにはけっこう練習が必要だったりしますよね。(僕は怖くて実戦で使ったことはありません)

「ペダルの操作で柔軟に変化をつけたい」「なおかつON/OFFをかんたんにしたい」そんな悩みを解決するべく登場したのがMorley社に代表されるスイッチレスワウです。

morley1

踏み込むだけで自動でエフェクトがONになるので、踏み込みのミスは一切気にしなくてよくなりました。ただ次に問題となるのがOFFのタイミング。OFFも自動なので、こちらはこちらで思ったタイミングでOFFになってくれない・・・と悩まれたことはありませんか?

実はこのペダルにはその悩みを解消する裏技が存在するんです。

morley1

裏蓋を外すと内部に”WAH OFF DELAY”と記載されたトリムがあります。これをマイナスドライバーで回せば、エフェクトがOFFになるまでの時間を調整できます。

morley1

最小に設定した場合は、ペダルがかかとまで戻ればすぐにOFFになりますが、最大まで設定するとOFFになるまで約3秒まで伸ばすことができるんです。最大で設定する人は中々いないかと思いますが、自分のプレイや用途に合わせて微調整できるのは嬉しい機能ですね。

「どうしても不自然に切り替わってしまう・・・」と悩まれていた方は、このトリムで自分好みに調整してみてください!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*