スウィングジャズ好き必見の一本!Waterloo WL-ATが奇跡の入荷! 

Waterloo WL-AT

スウィングジャズのためのギター、と言ってもいいでしょう。
Waterloo WL-ATを買取させていただきました。

Waterlooは1930年代のKalamazooやRecording Kingといった『旧き良き』ギターをモチーフにしていることはご存知でしょう。
1930年代のアメリカといえば、スウィングの時代。
Waterloo WL-AT は、その時代性を踏襲し、サウンドを更に進化させたようなモデルです。

2019 NAMMでジュリアンラージ氏がデモ演奏をして話題になりました。

ビル・コリングス氏の意志を引き継ぐ形で、スティーブ・マクリアリ-氏が造り上げたモデルです。

NAMMショーでの話によると、ビル・コリングス氏が亡くなる1年半前にスティーブ・マクリアリ-氏がビル・コリングス氏から直接話に聞いたものを、実現させたということだそうです。
「WL-14をヒントにして、フラットバックアーチトップギターを作りたかった」という趣旨のことをビル・コリングス氏が語っていたそうな。

そういった事もあって、WL-ATに使われている材はWL-14をベースに造られています。

厚めのVシェイプのネックも、演奏性を高めており、ジュリアンラージ氏も絶賛しています。

こぶりなボディでありながらダイナミックレンジは広く、ささやくような繊細なサウンドからパンチの効いたサウンドまで、見事に表現します。

『旧き良き時代』を守りつつも、モダンなサウンドに昇華させる技術は見事です。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Waterloo WL-AT 【返品OK】[RG738]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*